読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

まるみちゃんとうさぎくん

まるみちゃんとうさぎくん

まるみちゃんとうさぎくん

作家
大前粟生
板垣巴留
出版社
ポプラ社
発売日
2022-03-16
ISBN
9784591173114
amazonで購入する

まるみちゃんとうさぎくん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

dolce vita

コロナ禍の社会の様子をファンタジックに仕上げたようなお話。外に出たら自分に不思議がふりかかり、どんな不思議が起こるかは人それぞれで、元に戻る方法は不明。外に出なかったために不思議が起こらない人。一方で手からバナナが生えたり透明人間になったり翼が生えたり。今までと同じように暮らせなくても私は私。今までと同じように過ごすのも私。姿の変化と心の変化、不思議で面白いお話。#NetGalleyJP

2022/02/14

コンチャン

ある日を境に、外に出ると体に異変が起こるという現象が起き始めた町を舞台にした子どもたちの物語です。異変といっても、翼が生えたり、透明人間になったり、口から火が出たりなど、症状はバラバラ。著者の新作はファンタジー色あふれる児童文学でした。本当に多彩な作品を作り続けているので、感心しました。

2022/06/18

昼夜

ある日突然、屋外に出ると身体に異変が起きた。その異変は人それぞれで一度なると元に戻る方法は見つからない。その為、外に出ることを禁止された町のお話。身体の異変はなる人とならない人がいるみたいだけど、ならなかった子の話は1人しか出てこなかったし「普通とは何か、特別とは何か、自分とは何か」と問いかけてる割にさらっと終わってしまったのでもっと読みたかったです。例えばうさぎくんのお兄さんのような大人の視点やこの町の外ではどうなっているのかもあった方がよかったです。

2022/03/03

spatz

ある日を境にそとにでると体が変化するようになっちゃった。手がドラゴンになったり、背中に翼がはえたり、なんでもありのみんなぐちゃぐちゃ。奇想天外な世界の中の、2人の子ども。この二年間の異様な出来事、それが、いつのまにか常態と化していたり。いや、もとにもどれる?もどれない?もどりたいの?もどりたくないの?コロナ禍を描いたと簡単にくくれない。不思議なお話だった。解釈の仕方はたくさんありそう、そのひとなりの受け止め方がたくさんできそう。板垣巴留さん売れっ子の漫画家さんなんですね。#NetGalleyJP

2022/02/22

鈴木康之

コロナ禍を吹き飛ばす素晴らしいファンタジー要素のある物語です。こどもと言わずおとなも読んでほしい奇想天外なお話、夕日町である日、外に出ると人の形が変化してしまう。いろいろな動物になったり目らビームが出たり翼が生えたりと摩訶不思議なお話。希望は叶えられるその変化を治す薬が発見される、今のコロナ禍に希望を与えられる1冊あなたもぜひ読んで楽しん下さい。

2022/06/01

感想・レビューをもっと見る