読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宮廷のまじない師 新米巫女と猩猩の鳴く夜 (ポプラ文庫ピュアフル Pあ 14-3)

宮廷のまじない師 新米巫女と猩猩の鳴く夜 (ポプラ文庫ピュアフル Pあ 14-3)

宮廷のまじない師 新米巫女と猩猩の鳴く夜 (ポプラ文庫ピュアフル Pあ 14-3)

作家
顎木あくみ
出版社
ポプラ社
発売日
2022-09-06
ISBN
9784591174661
amazonで購入する Kindle版を購入する

宮廷のまじない師 新米巫女と猩猩の鳴く夜 (ポプラ文庫ピュアフル Pあ 14-3) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

新刊、シリーズ第三弾。珠華が、個人事業主(町のまじない師)から公務員=正式な宮廷巫女に!早速起こった貴族の家でひと悶着。個人の感情と仕事の狭間で揺れる珠華。そうこうしている内に七宝将が2人も判明!!!え!あなたも?とびっくり。珠華と白焔の関係性もぎゅんっと変わりそう。珠華は仕事に生きるのか後宮に入るのか…?今後の展開で、出世物語なのか後宮奇譚なのか決まりそう。…にしても七宝将を探すってふしぎ遊戯みたい。別に探してないかもだけど。笑

2022/09/13

あずとも

珠華の出仕先である祠部の長官が何か裏がありそうだし今作で七宝将がまた1人判明。今後もこのペースで判明していくのかな?身分違いだけれど2人の恋の行方は心配する事なさそうだけれど色々今後の展開が楽しみではある。

2022/09/07

Tea Chayama

一巻から何か存在が奇妙だったキャラがまさかという正体だった。 これまた先が長そうな…

2022/09/20

感想・レビューをもっと見る