読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)

作家
羽海野チカ
出版社
白泉社
発売日
2019-12-26
ISBN
9784592160250
amazonで購入する Kindle版を購入する

「3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)」のおすすめレビュー

将棋テーマの言わずと知れた名作『3月のライオン』初心者にすすめたい、作中屈指の号泣エピソード

『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)

 将棋をテーマにしたマンガといえば? そう訊かれたら、きっと多くの人がこの作品をあげるだろう。

『3月のライオン』(羽海野チカ/白泉社)。本作はダ・ヴィンチの恒例企画「ブック・オブ・ザ・イヤー」コミックランキングの上位常連組であり、講談社漫画賞一般部門や手塚治虫文化賞マンガ大賞など数々の賞に輝いている。

 また、テレビアニメ化された上に、2017年には神木隆之介主演による実写映画も公開された。マンガとしての知名度は抜群であり、大勢のファンから支持されていることは明白なので、ここであらためてガッツリ紹介しても「今更」になってしまうかもしれない。ただ、それでも「話題になっているのは知っていたけれど、実は読んだことがない…」という人に向けて、本作の魅力を紹介したい。

 主人公は高校生の桐山零。中学生の頃にプロ棋士になるほどの腕前である。才能には恵まれている人物だが、彼の心には陰がある。「家族を失った」という過去を背負っているからだ。いつもどこか暗く沈んでいるような印象を受けるのは、彼が孤独と隣り合わせのように生きてきた…

2020/11/8

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス)」の関連記事

知れば知るほどおもしろい“将棋の世界”! 初心者におすすめの将棋マンガ・小説作品5作

 今、とにかく将棋界がアツい。2016年、将棋界に彗星のごとく現れた藤井聡太棋士。彼の勢いは今なお止まらず、史上最年少で二冠、かつ八段昇段を果たした。

 将棋人気のムーブメントの中心は「藤井フィーバー」だけではない。日本人なら誰もが知る天才トップ棋士、羽生善治九段や、現役引退後も「ひふみん」の愛称でお茶の間の人気者、加藤一二三九段の存在も大きいだろう。何かと話題に事欠かない将棋界への興味が増すのは当然の流れである。

 しかし実際に将棋の奥深さ、楽しさが感じられるまで“理解しよう”とするのは、難しそうで億劫…という方も少なくないはずだ。ルールさえ覚えれば将棋の魅力はすべて分かる、というほど単純なものでもない。

 そこで本稿では、初心者にもおすすめの将棋をテーマにしたマンガや小説などの作品をまとめた。これらの作品から、気軽に将棋の魅力に触れてみてほしい。

対局中の“めし”が勝敗を決める!? 将棋×グルメマンガ『将棋めし』 『将棋めし』(松本渚/KADOKAWA)

 世間の「藤井フィーバー」が加熱していた頃、彼が対局中に食べる“勝負めし”が話題になることがあっ…

2020/11/8

全文を読む

『3月のライオン』羽海野チカ「人生ってすごい!!」 Twitter上で大反響を呼んだ20年越しの“奇跡の出会い”と「手洗いイラスト」が生まれるまでの顛末

『3月のライオン』15巻(羽海野チカ/白泉社)

 大ヒットマンガ『3月のライオン』の作者・羽海野チカが、長年憧れていた人物とTwitter上で“奇跡の出会い”を果たし、一連のやり取りをきっかけとした描き下ろし「手洗いイラスト」が描き下ろしなども制作され、「なんて素晴らしい話なんだろう……」「本当に感動してしまった。こんなことが現実にあるなんて!」と大きな反響を巻き起こしている。

 発端となったのは、2020年4月17日(金)に投稿されたツイート。羽海野は20年以上前に「ネットでとても面白いブログを書いている人」を見つけたものの、ブログの運営者は多忙だったため途中で更新が途絶えてしまったそう。その後の動向が気になった羽海野はペンネームなどで検索をかけ、ブロガーが医者になっているのを発見。そして最近では、彼が新型コロナウイルス対策の最前線に立っていることを知ったという。 20年以上前だと思うのですがネットでとても面白いブログを書いている人を見つけましてあまりにも文章が面白いのでよく覗きに行っていたのですがお医者さんになる所だった人だったらしく忙しくなって…

2020/4/23

全文を読む

関連記事をもっと見る

3月のライオン 15 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

zero1

【そのおにぎりは絶対に手放すな!】高校教師の林田は強くなりたい零に訴える。この巻は学園祭での告白が大きな出来事。というか結婚話が先で告白は後かよ!とツッコミが多くの読者から入ったはず。かつて【大型新人】だった野火止だが零など次の世代に追われる立場。海の底で苦しがる彼の姿は棋士なら誰もが経験?零にとって次の対局は野火止の師匠、田中。シチュー、ポテサラにおにぎりなど美味しそう。田中から聞く昔話も零の【つながり】を表現。みんな何かを背負っているが、背負っているから戦える。ブンちゃんは虹の橋で待っている(泣)。

2020/01/04

こも 零細企業営業

お互いの気持ちを確認出来て良かった。そして、零くんは人と関わって人として強くなってる。相手の強さも判るようになって来た。成長してる。それを受け止めてくれる人も居る。それは凄く幸せで怖い事だと思うけど目を逸らさず頑張って欲しいな・・・「そのおにぎりは絶対に手放すなよ。」いいセリフだ。。最後の話はアンティークランプ破壊に爆笑してしまったwwwハイカロリーは美味しいが危険だ!!!www

2019/12/29

マッピー

島田さんも二階堂も出てこない巻。少し寂しい。零ちゃんとひなちゃんの関係はケリがついたとして、桐山零の棋士として、そして一人の人間としての成長も、そろそろゴールが近づいてきたのでしょうか。一つ言えることは、零ちゃん、きみはもっと幸せになってもいい人だ。ということ。「そのおにぎりは絶対に手放すな」先生はずっと見ていてくれた。だからこそその言葉は重い。

2019/12/27

yoshida

「3月のライオン」は私がリアルタイムで読み続けている作品です。読むきっかけは、たまたまヤングアニマルを手に取った時。あかりさんに頼ってくれと桐山くんが言っていた頃。物語の初めは孤独で、将棋しか自分にはないと思い自分を追い詰めていた桐山くん。思えばエヴァのアスカと似てたね。そんな桐山くんは将棋以外に自分の居場所を、帰る場所を、大切な存在を見つけた。そして、それが手放してはいけないものと気付き、教えられた。私は恐らく知らずに手放してしまった。だが、この作品は再び探し求める希望を与えてくれる。素晴らしい作品だ。

2019/12/29

ちいこ

濃い…。毎回読解力を試されている気がする。あづにゃんのジョギング風景の扉絵が私にとっては息継ぎポイントみたいだった。可愛いブンちゃん、ありがとうね。

2019/12/28

感想・レビューをもっと見る