読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

3月のライオン 16 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 16 (ヤングアニマルコミックス)

3月のライオン 16 (ヤングアニマルコミックス)

作家
羽海野チカ
出版社
白泉社
発売日
2021-09-29
ISBN
9784592160267
amazonで購入する Kindle版を購入する

3月のライオン 16 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こも 零細企業営業

表紙が暗いから暗い話かもと覚悟して読んだら全然違った。良かった、、2人が幸せそうで。そんな2人を取り巻く環境も変化を始めるけど努力をしようとして、、たまに変な誘惑もあったけどww爺さんの「キタコレ」とか爆笑しちゃったよ。でも、東京で店舗2件分の土地か、、大変だよな。それでもやれる事は多い土地柄だし銀座で生き抜いたテクのある人もバックに居るし?なかなか面白そうじゃん?それを彼を抜きにして成立させようするのが凄く良い。誘惑に動揺する2人も好きだけどねw養子!お前は天才か!?ww名人の秘密基地も良かったw

2021/09/29

マッピー

ここしばらく続いていた、川本家での日常から、いよいよまた将棋の世界へと話が動く。どこにも居場所のなかった、将棋しかなかった桐山零が、多くのことを経験する中で居場所を作り、それでも将棋を続ける意味をこれからは考えていかなければならないのだろう。そんな桐山の変化を、対局しながら見抜く二海堂のモノローグが好き。ふたりとも、よくここまで頑張りましたね。さ、また最初から読みなおそう。

2021/09/30

Die-Go

ある少年が、失ったものを取り返して行くマンガ。前半は将棋とは離れた穏やかな物語が続くが、後半になってようやく勝負の世界へと駆け込んでいく。れいとひなちゃんの仲は深まっていく。そして、そめじいとみさきおばさまの陰謀も密かに進んでいく(笑)★★★★☆

2021/09/30

ちいこ

ありがたいことに本屋さんで早売りしていたので購入。季節が冬だったからか、静かであったかくて、泣きそうになった。

2021/09/29

本読みたぬき

仕合せになった桐山君。宗谷名人の家の話とか出てきたのでもう少し続きそうだ。可愛いもの一杯で少女漫画のようだけどこれはやはり青年誌掲載、男性からみたファンタジーになってるなあ。先崎先生の解説は本格的、かつ字が小さ過ぎる(;'∀')

2021/09/29

感想・レビューをもっと見る