読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)

大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)

大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)

作家
よしながふみ
出版社
白泉社
発売日
2018-10-29
ISBN
9784592162766
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)」の関連記事

よしながふみの男女逆転パラレル時代劇『大奥』16巻発売!! 『メロディ』12月号で続きも読める!!

『大奥』(よしながふみ/白泉社)

 "大奥"とは、女性の将軍に仕える美男たちが集められた女人禁制の場所だ。そこで繰り広げられるドラマを、江戸時代の史実や宗教観などを織り交ぜながら、よしながふみがマンガとして描いた『大奥』(白泉社)。テレビドラマや映画など実写化もされた人気作のコミックス第16巻が10月29日(月)に発売された。16巻では、公武合体の為に降嫁してきた「和宮」が実は偽物であり、しかも女だったことが発覚する。その裏に隠された事実も明らかになり、家茂の決断も注目される。

 さらに、10月26日に発売になった隔月刊誌『メロディ』(白泉社)12月号では、『大奥』16巻の続きがそのまま読める。表紙にもよしながふみのイラストが登場だ。巻頭カラーでは、新章が開幕する清水玲子の『秘密season0』が、11月20日(火)に記念すべき第100巻が発売される魔夜峰央の『パタリロ!』も掲載。ほかにも、3号連続新作読み切り第2弾・津田雅美の『犬の國駅』や日渡早紀の「ぼく地球」シリーズ、注目の第2回『ぼくは地球と歌う』など他の作品も豪華なラインナップだ。

 くわえ…

2018/11/1

全文を読む

関連記事をもっと見る

大奥 16 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

本読みたぬき

大奥最新16巻の主人公は「和宮様」です。この巻も素晴らしかった!史実と都市伝説をぐるぐると何ひねりにもして、骨組みのところは史実通りに、そして深い人間ドラマにするという離れ業、これはもうとびきり頭の良い女性にしか描けないし、よしなが先生の才女っぷりが怖くもなります。「家茂」のような清らかな心の人、たまにいます。私はどう考えたってよしなが先生のような才女でも「家茂」のような天使でもないんだよな…。

2018/10/29

明智紫苑

表紙の和宮様が実に嫌な表情をしているけど、中身を読んでみると、なるほど、そんな事情なら仕方ないか。慶喜公の「ラスボス」ムードに磨きがかかっているけど、次巻こそが最終巻かな?

2018/11/01

れみ

14代将軍家茂の夫として京からやってきた和宮が実は偽物(しかも女性)だった…!というところからのお話。そんななかで和宮の処遇や国の行く末についての考え方など、家茂の聡明さが際立つ。そして、なんて嫌な子…!と思っていた和宮の生い立ちを知ってしまい胸が締め付けられる思いになり、次第に家茂に心を開いていく様子にぐっとくる。それはそうと天璋院の間の悪さが気の毒すぎる^^;…こうやって歴代将軍とその周囲の人々の物語によって濃密に語られてきた物語もそろそろ終わりが近づいてきたのかな。

2019/01/10

星落秋風五丈原

まさかの和宮設定。しかし徳川歴代で描かれてきた親と子の相克をきちんと描いているのでただの嫌な女性ではなくなっている。

2018/10/29

あこさん

待ってたの待ってたの待ってたのよーっ!素晴らしかった、まず表紙の和宮の不穏な嫌らしい表情からして傑作!和宮が女という展開をどう進めるのかと思ってたけど。さすが よしながふみ、実にこれまでの大奥っぽい切ない哀しい理由で。和宮の表情の理由も納得できる。にしても家茂 なんて出来る優しい人物なんだ、将軍の器だよねー。史実では 家茂と和宮は仲睦まじい夫婦だった 倒幕前後も和宮は大奥の為に尽力した って聞いたけど。和宮も賢いし 優しいとこあるみたいだから 家茂と 穏やかで幸せな時間が少しでもすごせたらいいなあ。

2018/10/30

感想・レビューをもっと見る