読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大奥 (ヤングアニマルコミックス)

大奥 (ヤングアニマルコミックス)

大奥 (ヤングアニマルコミックス)

作家
よしながふみ
出版社
白泉社
発売日
2021-02-26
ISBN
9784592162797
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大奥 (ヤングアニマルコミックス)」のおすすめレビュー

約17年続いた大作漫画『大奥』ついに完結! “男女逆転”大奥は、最終巻でどうなる?

『大奥19』(よしながふみ/白泉社)

本記事は最終巻の内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

 江戸時代の将軍や大名は女性で、大奥には男たちがいた。

 その斬新な設定から世の中に衝撃を与え、ドラマ化・映画化もされたよしながふみさんの『大奥』(白泉社)。1巻刊行は2005年のことである。そして2021年3月、19巻発売をもって完結した。

 まずは本作の始まりを振り返ってみたい。

 家光が日本を治めていた頃、男性のみがかかり死に至る疫病「赤面疱瘡」が流行した。それに伴い男性人口は激減、武家や町人、農民も、女性が跡を継ぐことが当たり前になった。そして物語は、吉宗が八代将軍になったところから始まる。

 2巻からは時代が遡り、赤面疱瘡で三代将軍・家光(男性)が亡くなったくだりが描かれる。彼が町人の女性に産ませた娘は突如将軍にされ、家光として生きるのを強いられる。彼女の最愛の側室で最初の大奥総取締役になり、後の大奥に多大な影響を与えたお万の方も、男性として登場する。

 それからは、順を追って将軍たちの生き様が描かれる。

 三代将軍・家光から最後の十五代将軍・慶喜まで。

2021/4/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「大奥 (ヤングアニマルコミックス)」の関連記事

“男女逆転”歴史マンガがついに完結!『大奥』最終巻に「これが私たちの時代のベルばらです」と絶賛の声

『大奥』19巻(よしながふみ/白泉社)  よしながふみによる男女逆転大河ロマン『大奥』の最終巻が、2021年2月26日(金)に発売。約16年にわたって描かれてきた壮大なストーリーの完結に、「最後までこのシリーズを読んで本当に良かった」「読んでいて何度もうるっときて大変だった」と感動の声が相次いでいる。

 同作の舞台は、男子のみを襲う謎の疫病が流行った江戸時代。男女が逆転した「大奥」を舞台として、史実とフィクションが入り混じった事件が次々と描かれていく。「手塚治虫文化賞」マンガ大賞など、数々の賞に輝いてきた名作だ。

 物語の締めくくりとなる19巻では、安寧と言われた江戸時代がついに終幕。江戸城を明け渡す際に大奥で起こっていた事態、そして江戸城を追われた大奥の面々がその後辿った運命などが描かれている。

 作者の手腕に多くの読者が感嘆したようで、ネット上では「お見事としか言いようのないエンディングだった」「こんなに美しい風呂敷の畳み方があるでしょうか。最後の最後まで素晴らしかったです」「歴史をひねってジェンダーに言及した、これが私たちの時代のベルばらです」「…

2021/3/11

全文を読む

関連記事をもっと見る

大奥 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

rico

いやもう、天晴れ!としか言えません。「男女入れ替わり大奥」、徳川の幕引きをどう描くのか気になっていましたが、こうきましたか。和宮さん、最高です!あなたはいつも上様と一緒なのですね。長い長い物語の結末は、男も女も関係なく、自らの可能性を切り開いていける時代の到来を予感させます。100年以上経った今でもそうはなっていないけど、でもきっと。もう一つの歴史を懸命に生きた多くの人たちの余韻を、しみじみ噛みしめています。ありがとう。

2021/02/28

あきぽん

タイムリーで希望に満ちた最終巻。圧巻の無血開城、西郷の発言が森発言に重なります。そして大奥の男達も隠居はせずに第2の人生を…‼歴史をひねってジェンダーに言及した、これが私たちの時代のベルばらです。

2021/02/27

星落秋風五丈原

雑誌掲載中に読了。瀧山様すわ自殺?と見せかけてからの展開は同作者がよく使う手。「ジェラールとジャック」の軍が追いかけてきた捕まる?と思わせての最新作書いてアプローチ&「彼は花園で夢を見る」の領主と執事心中?と見せかけての実は腰打っただけとか。

2020/12/30

ichi-papa

ああ、ついに終った・・・。いえ、史実は知っていましたので、どうなっていくかもわかっていたのですが、それでもやっぱり一つの時代の終わりを目の当たりにすると、切なくって寂しくって仕方ありませんでした。でも、この壮大な江戸の「女性たちの時代」を史実に戻していく描き方、お見事でした。この巻は全編切ない気持ちで読みましたが、それでもラストの「津田梅子」さんの登場に新しい時代の到来が予感されて、ちょうど雨上がりの雲間から一筋の光が差してきたように感じました。いいお話だったなあ・・・。

2021/03/13

どあら

妹から借りて読了。ついに完結。宮様の活躍の御蔭で無血開城が出来て良かったです🏯

2021/06/26

感想・レビューをもっと見る