読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス)

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス)

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス)

作家
武田一義
平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
出版社
白泉社
発売日
2021-07-29
ISBN
9784592163657
amazonで購入する Kindle版を購入する

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

最終巻。吉敷くんがずっと気になったまま読み進めました。意外な人が驚きの場所に生き残って後に再会したり、行き場のない高木くんが田丸食堂を継いだり、田丸がペリリューに戻り遺骨収拾したり漫画家になったり。ペリリューの慰霊塔は戦った方々や遺族の方が長い年月かけて遺骨収拾し探し建立されたもので、日本に戻ることが叶わなかった先人、遺骨も見つからない2千人の先人の方々を思い私も手を合わせに行きたくなりました。他の本でも読んだことがあるので吉敷くんの最期は多分リアルにああいうことなんだろうと思います。アニメ化楽しみです。

2021/08/04

り こ む ん

日本に帰還した田丸。以前、感想であげていた言葉と似たセリフがあって、いっきに涙が溢れる。「自分が人を殺したとゆう事実」私が聞いたのは「時代とはいえ、この手は人殺しの手なんだよ」人の命を奪った重み。見捨てた重み。背負い続けて生きてゆく。それが全て伝わってくる。片倉が「体験しなくとも」の確信をつく言葉。でも、伝えてくれたら、なかには変に美化し、ヒーローを作り出す安物の戦時物が作られてしまうけれど、この漫画の様に普通の人々の戦争を描く作品が生まれ、多くの人々に伝わりるのも事実。

2021/07/30

こも 零細企業営業

一巻まるまる戦後の話。田丸も最後は亡くなって、、ワニに遺体を持って行かれたのか、、確かにその可能性はあるな、、あと、現地で保護した子供達に後日会えて良かった。それに現地に残った人も墓守をしていたとは、、なかなかキツいな。上の無責任さは相変わらずか、、

2021/07/29

後日譚。色々と見解が別れてしまうのは、平和になっからこそと思いたい。吉敷くんがどこかで現れるんだろうなあと、確信していたので、その後の田丸の消長にちょっと驚く。が、それも運命だったと納得するしかない。現場に居なかったじゃないかと責められるのはやむを得ないが、なかったことにするよりは数段ましと思うことにする。アニメ化とのことだが、上手なスタジオが適切に制作してくれることを切に願う。

2021/08/02

shushu

現在と主人公が復員した後、戦死した戦友家族を報告のため訪ねた様子、慰霊の旅、再会等が描かれる。最後はやはり涙。夏は最終巻が出るのにふさわしい季節だった。しかし、今って普通に天皇陛下って言うのだな。ちょっと前までは天皇が普通だった気がする。。。アニメ化するそうだが、まぁ原作を知ってもらうきっかけになるなら良いのかな。

2021/07/31

感想・レビューをもっと見る