読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス)

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス)

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス)

作家
武田一義
平塚柾緒(太平洋戦争研究会)
出版社
白泉社
発売日
2021-07-29
ISBN
9784592163657
amazonで購入する Kindle版を購入する

ペリリュー ―楽園のゲルニカ― 11 (ヤングアニマルコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

最終巻。吉敷くんがずっと気になったまま読み進めました。意外な人が驚きの場所に生き残って後に再会したり、行き場のない高木くんが田丸食堂を継いだり、田丸がペリリューに戻り遺骨収拾したり漫画家になったり。ペリリューの慰霊塔は戦った方々や遺族の方が長い年月かけて遺骨収拾し探し建立されたもので、日本に戻ることが叶わなかった先人、遺骨も見つからない2千人の先人の方々を思い私も手を合わせに行きたくなりました。他の本でも読んだことがあるので吉敷くんの最期は多分リアルにああいうことなんだろうと思います。アニメ化楽しみです。

2021/08/04

かさお

日本に帰ってきてから、この漫画が出来るまでのお話。ほんの75年前の事なのだ。人を合法的に殺したり、嘘をつき、盗みを働き、誰もが生きる為にその日の事しか考えられなかった。生き残った者もまた地獄。それでも「誰もが皆辛かった」と、戦地に行った人にも見送った人にも等しく言える田丸さんの人柄に心打たれる。その優しさは、この作品に息づいている。凄惨な戦場でありながら、どこかにいつも人間らしさを感じられた従来に無い素晴らしい作品だと思う。吉敷君はあの海に今でも眠っているのだろうか。どうか安らかに眠っていてほしい。

2021/09/13

venturingbeyond

戦後を描くエピローグの最終巻。復員、遺族を訪ねる旅、そしてペリリュー島への慰霊・鎮魂の再訪。漫画化の背景を描きながら、経験を風化させないことの意義や戦争体験を語らない、あるいは語れない人たちの思いにも触れるなど、盛り沢山のテーマについて考えさせられる構成になっています。年始めに相応しいものではないかもしれませんが、広く読まれるべき傑作です。充実の通読でした。

2022/01/05

みやしん

生き残った人達のそれぞれ。体験を安易に創作に利用されたくない旨も、また本作に流れるテーマの一つでもあるのだろう。そして体験談があるからこそ一端を知ることができるのも事実。もう一度、いや何度でも読み返そう。

2021/08/21

こも 零細企業営業

一巻まるまる戦後の話。田丸も最後は亡くなって、、ワニに遺体を持って行かれたのか、、確かにその可能性はあるな、、あと、現地で保護した子供達に後日会えて良かった。それに現地に残った人も墓守をしていたとは、、なかなかキツいな。上の無責任さは相変わらずか、、

2021/07/29

感想・レビューをもっと見る