読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏目友人帳 24 (花とゆめコミックス)

夏目友人帳 24 (花とゆめコミックス)

夏目友人帳 24 (花とゆめコミックス)

作家
緑川ゆき
出版社
白泉社
発売日
2019-05-02
ISBN
9784592193746
amazonで購入する Kindle版を購入する

「夏目友人帳 24 (花とゆめコミックス)」の関連記事

『夏目友人帳』24巻発売&第100話掲載。「ニャンコ先生100ニャンまつり」の開催が決定!

 累計1360万部を突破する人気マンガ『夏目友人帳』(緑川ゆき/白泉社)。5月2日に24巻が発売され、24日発売の『LaLa』7月号ではついに第100話が掲載される。

 同作は、妖怪を見ることのできる男子高生・夏目貴志が、招き猫に宿るニャンコ先生とともに、亡き祖母・レイコが奪った名前を妖怪たちに返していく物語。両親もすでに亡く、その不思議な能力ゆえに孤独を感じていた夏目が、妖怪たちと交流し、“友人”になっていく姿は、多くの読者の心を癒し支持され続けている。

 なにより人気なのが、夏目の用心棒を自称するニャンコ先生の愛らしさ。というわけで、第100話掲載を記念してこのたび「ニャンコ先生100ニャンまつり」の開催が決定!

●ニャンコ先生を探せ!in本屋さん5/2スタート!!  本屋さんに置かれた特製シートに書かれたキーワードを集めるだけで、「100話記念描き下ろしニャンコ先生クリアファイル」をゲットできる、またとないチャンスだ。キーワードは全部で5つ。専用の解答用紙に記入し、書店員さんに渡すだけでOKだ。実施予定の店舗は全国1000店以上。特設ホームペー…

2019/4/26

全文を読む

関連記事をもっと見る

夏目友人帳 24 (花とゆめコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちいこ

タキと田沼がそれぞれ主役のお話、良かったなぁ…。最後の話も切なくなる程の優しさで、泣きそうになりました。

2019/05/03

くりり

タキの兄登場、突っ込みどころ満載だけど、とりあえず仲が良くて一段落、オリガミの話がほっこりして良かった。

2019/07/16

exsoy

今回はどれも害を為そうとする妖ではなかったからか、ほっこりした。99話の話の構成が好き。

2019/05/04

眠る山猫屋

寝かせちゃったのも、読むのが惜しさ故。そして期待以上の暖かさ。今回は初登場である、タキの兄が素敵。夏目の想定の真裏を行くキャラクター。続いて夏目の友人・田沼に近づく謎の妖の正体に驚愕、不穏だった物語が一気に暖かいものへ。最後の物語は、オリガミに宿る妖との絆。短いけれど、夏目の優しさと成長がうかがえる物語だった。容姿ではなく、種族でもなく、絆は結べる可能性があるんだな、と。次はまた、春か。

2019/09/12

ひらちゃん

表紙が物語ってる。タキはかわいい兄が登場してくるし、田沼と夏目の互いの思いやりが良かった。夏目の友情がスクスク育ってて嬉しい。ニャンコ先生も相変わらずです。特別編の名取さん、本業?はかっこいいよね。忘れてた(笑)

2019/05/09

感想・レビューをもっと見る