読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夏目友人帳 27 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 27 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 27 (花とゆめCOMICS)

作家
緑川ゆき
出版社
白泉社
発売日
2021-09-03
ISBN
9784592193777
amazonで購入する Kindle版を購入する

夏目友人帳 27 (花とゆめCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はな

ちょびの正体にびっくり! 双頭とのやり取りはちょっと切なかったかな。もう会えない人との思い出。最後の海のお話はとてもほっこり。田沼はもちろん、西村と北本もほんと良い子達よね…。海の上を渡る四人。きれいなお話です。夏目の周りが温かいもので囲まれていくのはほっこりする。犬の会のメンバーが好きなので、出てくれてて嬉しい。今回、影の立役者はやっぱり田沼だと思う。←夏目の精神安定剤。

2021/09/05

がらくたどん

夏目新刊♪ちょび・かか・ぴよぴよで今回はいつもよりファンタジックな4話。人間界にも妖界にも仲間が出来て暖かな日々。ちょびのお姿にはびっくりした。ぴよ軍団は見かけによらず尊大だ。妖を侮るのはやめよう!酔っぱらった塔子さんがかわいい。

2021/09/22

ちいこ

怖すぎなくて、優しくて癒される。

2021/09/07

くんぴー

今回も最高!まさかちょび…。見た目からは想像できない姿でびっくり。どんな強い妖でもレイコとの思い出は消え失せてなくて、さらに孫の貴志まで繋がってゆく…、いいですね〜✨。そして、北本、西村、田沼、貴志の仲良しコンビの話。何気ない日常、そして妖と繋がる非日常が貴志にとって本当に幸せな日々なのだと感じました。次も楽しみです!

2021/09/11

ネムコ

のんびりまったり、いつもの友人帳。チョビの正体にちょっとびっくり。人型の犬の会の面々も別の姿を持っているのかな?

2021/09/18

感想・レビューをもっと見る