読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マダム・プティ 11 (花とゆめCOMICS)

マダム・プティ 11 (花とゆめCOMICS)

マダム・プティ 11 (花とゆめCOMICS)

作家
高尾滋
出版社
白泉社
発売日
2018-03-20
ISBN
9784592196709
amazonで購入する Kindle版を購入する

マダム・プティ 11 (花とゆめCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

るぴん

最終巻。始まりはオリエント急行殺人事件だったのに、ずいぶん遠くまで来たなぁ…。でも、とてもいいラストだった♫ニーラムの立場を考えれば、2人が幸せになるための一番いい終わり方だったと思う。世界は戦争に向かい、インドも独立運動が始まる激動の時代。続編として、いつかその中での2人の冒険も読んでみたいなぁ。

2018/03/24

ものくろ

マンガpark読み。いやー本当によかった。一時はどうなるかと思っていたけど、万里子がハッピーエンドになってよかった。素敵な気分。タラ姫の恋も見守りたかったなぁ

2020/12/15

ベル

2人の地位や立場を考えれば、最良のハッピーエンドだと思います。王宮では万里子の頭の良さが持ち腐れだし。 10年後の2人もよくお似合い。 楽しかったな〜、夢とスリルがあって大好きでした!

2018/03/23

完結巻。全てが丸く収まったと言うよりは、まだまだ続く激動の時代を生きていく。といく感じで終わった。離れた10年を埋める様にこれからは二人で寄り添って生き続けて行くのでしょう。王子様と異国の娘という、時代的にもお別れしか予想出来なさそうな設定だったので、そのまま残るよりはまだ地に足ついた終わりかな。細かい疑問点も残ってるんですがそれはあの世界に生きる人々の旅路で解決していく事なのだと、通過点の物語として解釈した。最後俊様の様子もチラッと映ったけど、個人的には彼よりタラ姫の方がどうなったか気になるんですが。

2018/07/14

しゃちおおかみ

悪は裁かれ、ハッピーエンドありがとうございます。10年は長いけれど身分や制度のような世界観の枠組みを尊重していて良かったです。けれどページ的に無理なのか、最初からそんな扱いだったのか、俊様どうなった―。一人の少女の人生を踏みに知っておきながら何のお咎めもない?良心の呵責とか関係の修復とかいらないんだ?。ニーラムとのロマンスが、あとから進んできて方向を決めた物語であったと認識していたけれど、俊様はあくまでただのきっかけであって、人としては重要ではなかったのか。あと、セリフに打たれる強調点、私には邪魔でした。

2018/03/25

感想・レビューをもっと見る