読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

秘密 season 0 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

秘密 season 0 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

秘密 season 0 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

作家
清水玲子
出版社
白泉社
発売日
2020-09-04
ISBN
9784592212393
amazonで購入する Kindle版を購入する

「秘密 season 0 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)」の関連記事

闇が深い… 美しくも恐ろしい少年の正体は──? 傑作サイコサスペンス『秘密 season 0』9巻に「どこを読んでも心が千切れそうだった」と大反響

『秘密 season 0』9巻(清水玲子/白泉社)

 SFサスペンスマンガ『秘密 season 0』の最新刊となる9巻が、2020年9月4日(金)に刊行された。ますますヘビーな展開を迎える物語に、ネット上では「闇が深すぎて心臓がバクバクした…怖すぎる」「どこを読んでも心が千切れそうだった」「9巻の内容がつらすぎて涙流してる。もうどんな感情で読めばいいのかわからない…」といった反響が巻き起こっている。

 同作は1999年から2012年にかけて発表された『秘密 -トップ・シークレット-』のスピンオフ作品。物語の舞台となるのは、死んだ人の脳から記憶を再現する「MRIスキャナー」が発明された近未来の日本。作中では天才的な頭脳と類まれな美貌の持ち主である薪剛が、バディである青木一行と共にさまざまな難事件へと挑んでいく。

 作者の清水玲子は『月の子 MOON CHILD』や『輝夜姫』などの代表作をもつベテラン作家で、重厚なストーリーテリングが持ち味。『秘密 -トップ・シークレット-』についても、ファンの間で「初めて読んだとき、その繊細で美麗な画力も緻密なストーリー…

2020/9/29

全文を読む

関連記事をもっと見る

秘密 season 0 9 (花とゆめCOMICSスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

れみ

殺人容疑の渦中にある少年・光を里子として迎えることになった青木。前シリーズのときに青木にはたくさん辛いことがあったから、もう彼から何も大切なものを奪わないで…と思うけど、彼自身がその危険を呼び込んでいる気がして、薪の言葉はあまりにも辛辣ではあるけど、心底心配しているからこそ出た言葉だと思う…。そして光は、想像以上に壮絶な過去があり、愛情を求めてやまない子どもだけど、それだけに危険すぎる存在な気がした。ものすごく自己中心的な快楽のために人を殺めるというよりも怖い。「今度はちゃんと殺すから」って…怖いよ…。

2020/10/05

wata

救ってあげたい気持ちは解りますが青木さんが良い人なのも解りますが。一人じゃ無理。無理と解る前に舞ちゃんを守って欲しい。

2021/01/28

くりり

薪さんの命令を無視して舞ちゃんを危険にさらす青木の能天気さが信じられない。

2021/02/18

あたびー

児玉のMRIの中で見ることのできなかった部分を可視化すると戦慄の場面が映っていた!そんな中青木があくまで光の養育を諦めないことで薪さんの怒りは頂点に。しかしやはり光は善か悪かだけで分類できる子供ではなかった。そこにまた「つばき園」絡みの子供が現れ舞に襲いかかる。舞を助けようとした光は少年を半殺しの目に。更に少年が病院から失踪…と言うところで続きは次巻か!イヤミスイヤミスったってここまでイヤで目の離せない話はないっすよ。もう1編短い別のお話あります。

2020/11/06

めぐねい

あー全然全くどうにもこうにもハッピーエンドにならない感じで、次の巻が楽しみという風には、、、出たら読むんやけどね。子供は単に可愛いだけのものではないよね、、、絵が綺麗なだけに残酷度2割増しやわ。最後の読み切りの漫画が全然怖くない。こっちは「あー、綺麗」と思ってるうちに読める。他の巻に入ってたんやったら十分怖いんやけどな。次、どうなるんやろ。

2020/09/10

感想・レビューをもっと見る