読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おちくぼ 5 (花とゆめCOMICS)

おちくぼ 5 (花とゆめCOMICS)

おちくぼ 5 (花とゆめCOMICS)

作家
山内直実
出版社
白泉社
発売日
2018-03-20
ISBN
9784592214359
amazonで購入する Kindle版を購入する

おちくぼ 5 (花とゆめCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆずきゃらめる*本とお花♪

おちくぼシリーズ第五巻♪典薬助から逃げる逃げる姫。脱出劇はすごかった・・。二人の再開が感動でした!よく我慢したことだ。姫は道頼を一心に思って生活をして別人のように美しい人になった・・。こあとの仕返しは正しいのか?

2018/03/21

どあら

姫様の救出作戦成功!!手際の良さにびっくり(^o^) その後のラブラブモードがあっさり過ぎなのは物足りないわぁ。最終巻を早く読みたーい(>o<)

2018/04/10

でんか

平安を舞台にした落窪物語を原作としたコミック。今巻は、姫が道頼に助け出される辺り。う~ん、なんとなくあっさりした感じで物語の盛り上がりというか、なんだろう、コミック1巻文の内容にしては薄いような…?道頼は頼りないチャラ男な感じ全開だし、姫もメインキャラの割には影が薄いあような。あこきさんが唯一存在を主張しているのだが、なんとも小賢しい感じのキャラになってしまってて残念。もう少しで終わりそうではありますが。

2018/04/01

瀧ながれ

ついに少将さまによる姫奪取!よくやった、よかった。ここから落ちつきを取り戻して、みるみるうつくしくなってゆく姫さまがかわいらしいです。あたりをはばかることなく(北の方などの接近を恐れることなく)少将さまと向かい合って話ができている光景が、見ていてほんとうに嬉しい。それにしても、次巻で完結とは。あんな場面とかそんな場面とかは見られるのでしょうか?そして北の方との決着は、どのようにつけるのでしょうか? 惜しいけど楽しみです。このコミカライズでは、三の君さまの未来も気になるなあ。

2018/03/22

夜の女王

典薬助と面白の駒のエピソードは、間抜けで滑稽さはあっても、襲われるおちくぼや、面白の駒と結婚させられる四の君を思うと全く笑い事じゃなくて、昔から共感できなかったのだけど、山内さんはそこんとうまく処理。力いっぱい抵抗する姫の姿や、面白の駒の人間性を描くことによって、今の物語として成立してる。原作よりいいね!

2020/01/30

感想・レビューをもっと見る