読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

愛蔵版 フルーツバスケット 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

愛蔵版 フルーツバスケット 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

愛蔵版 フルーツバスケット 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

作家
高屋奈月
出版社
白泉社
発売日
2016-04-20
ISBN
9784592218197
amazonで購入する

愛蔵版 フルーツバスケット 9 (花とゆめCOMICSスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぴよの助

透がとうとう自分の想いに向き合ったかな。ていうか気付かされたというか。真知と由希の関係も進展して私的にはこちらが嬉しい。由希が自分から女子に触れるってあんまりないから真知がどんどん特別な女の子になってる。リンはもうひどいめにあい過ぎだからこれからは春と静かに幸せになってほしい。

2016/05/18

chi.

慊人が女性だったことに、当時すごく驚いた記憶がある。慊人の母である楝さんが登場。既に呪いから解放されている紅野。 魚ちゃんの「大好きだ このバカ」につられ泣き。皆川先輩の告白、別れの次は出会い。春を解放するために無茶するリンちゃん。夾くんの「これから寂しくないだろ」発言が悲しい。

2016/05/15

うさぎ工房

ついにあの真実が明らかになりましたね。重苦しい展開が続く中での皆川先輩のあの場面は、とても優しく感じられる。

2016/04/21

ゆう

リンがようやく救われた巻。これから少しずつでも1人じゃなくて、みんながいるって、はるがいるんだって、迷惑だなんて思ってないよって、照れずに受け入れられたらいいですね。そしてついに透も自覚かな。きょうくんは、春までに解かないと…と思わずこぼれた言葉に、この先を考えて、悲しくなりますね

2016/09/10

イネ子

透が紅野から呪いの話を聞きます。とても暗い・・・いろいろ縛られていて悲しくなります。 リンのこともとても重いです。ずっと進めない人と成長しようとする人。みんなが前進できればいいのに。

2016/09/08

感想・レビューをもっと見る