読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

フルーツバスケットanother 3 (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケットanother 3 (花とゆめCOMICS)

フルーツバスケットanother 3 (花とゆめCOMICS)

作家
高屋奈月
出版社
白泉社
発売日
2019-03-20
ISBN
9784592218531
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

濃いキャラの草摩家の人々と交流していくうちに三苫彩葉の心境にも、徐々に変化が訪れる。彼女の物語の結末は…? 「フルーツバスケット」の数十年後を舞台に描かれる、懐かしくも新しい物語。

「フルーツバスケットanother 3 (花とゆめCOMICS)」の関連記事

「前に進もうとする姿に涙が止まらない…」『フルーツバスケットanother』3巻に感動の声続出!

『フルーツバスケットanother』3巻(高屋奈月/白泉社)

 高屋奈月が手掛ける人気シリーズ『フルーツバスケットanother』の第3巻が、2019年3月20日(水)に発売された。新しい世代の主人公・彩葉にまつわる物語の結末を描いた同作に、ファンからは「彩葉、本当に幸せになって!!」「前に進もうとする姿に涙が止まらない…」といった声が続出している。  同作は、高屋の代表作『フルーツバスケット』のスピンオフ作品。前作の主人公たちが通っていた高校・海原高校の数十年後を描いたストーリーだ。『another』の主人公・三苫彩葉は、ある日不思議な美少年・草摩睦生と出会う。その出会いをきっかけに彩葉の人生は大きく変わり始め、少しずつ心境にも変化が訪れるように。前作の子ども世代に当たるキャラクターたちも次々登場しており、高屋ファンの間でも人気が高い。  第3巻は、彩葉が草摩家の別荘を訪れるエピソードからスタート。読破した人からは「すごく重たい物語だったけど、未来のある結末でよかった」「親世代から色々な繋がりを経て辿りついたラストに泣ける」と感動の声が相次いだ…

2019/4/3

全文を読む

関連記事をもっと見る

フルーツバスケットanother 3 (花とゆめCOMICS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

南北

三苫彩葉は草摩の別荘に行ったり、志岐くんと水族館に行ったりします。そんな中、昔、彩葉から離れていった友人の一人に出会い、彩葉から離れていった理由を話してくれます。その理由は彩葉が原因ではなく、彩葉の母親が原因だったようです。それにしてもひどい話ですね。彩葉と志岐くんとの過去の接点も明らかになり、草摩の人たちとの出会いも偶然だけではなかったことがわかります。彩葉と母親との問題は何も解決していないまま終わりますが、彩葉が少しでも前向きになれればいいですね。

2019/07/12

陸抗

最終巻。読み終わって、これ最終巻!?ってなった終わりかただった…。もっと読んでいたかったし、彩葉の母親から彩葉をどう切り離すか、子供たちで奮闘するのかと期待してたのでちょっと残念。下ばかり見ていた彩葉が、最後には前を向けるようになったのは嬉しいけど、根本的な問題を解決しないと、またいつ元の状態になるか分からないし。もっと読んでいたかった。

2019/04/06

sleep@芒羊會11/24文学フリマ執筆参加

 ずっと待ち望んでいた三巻目。・・・彩葉の毒親に苦しむ様子が他人事に思えなくていろいろと辛いわ。そんな中、はじめの言う「踏みにじられながら感謝して笑ってろなんて ただの暴力で呪いだ」という言葉が響く。多分、これは祖父に苦しめられてきた父親の姿を見てたから言えるんだろうなぁ。他の草摩の面々も親と軋轢のあった人が多いせいか、子どもはすごく考えがしっかりしてるし。そんな中、唯一影を背負っていたのは志岐か。(^◇^;)人は人と関わり合って成長していくものだと思うから、どんどんキミにも前に出て行ってほしいよ。

2019/03/24

朔夜

★★★★ ・・・もう少し、続けて欲しかった。

2019/03/22

はとる

完結。辛い境遇や過去。それでも出会によって前を向けるようになれたなら良かったな。温かく優しい場所があるって支えになる。彩葉が草摩のみんなや志岐に出会えて良かった!

2019/05/22

感想・レビューをもっと見る