読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ものは言いよう (MOE BOOKS)

ものは言いよう (MOE BOOKS)

ものは言いよう (MOE BOOKS)

作家
ヨシタケシンスケ
MOE編集部
出版社
白泉社
発売日
2019-12-11
ISBN
9784592733010
amazonで購入する

「ものは言いよう (MOE BOOKS)」のおすすめレビュー

『あつかったら ぬげばいい』『ものは言いよう』…読者の声から考える、ヨシタケシンスケ作品がウケる理由!

『あつかったら ぬげばいい』(ヨシタケシンスケ/白泉社)

『あつかったら ぬげばいい』というのはヨシタケシンスケさんの最新絵本のタイトルだけど、当たり前のように聞こえるその言葉が、不思議なことに、大人になると、なかなか実践できなくなってしまう。常識とか、まわりの目とかが、気になって、些細なことさえ「こんなことしていいのかな」「こうするべきべきないんじゃないか」と迷ってしまう。だけど「いいんだよ」「なんならこういう選択をしてみてはどうでしょう?」と提案してくれるから、ヨシタケシンスケさんの絵本は子供だけでなく大人も夢中になってしまうのだ。

 同時に、ヨシタケさんの絵本は、忘れかけていた素直な心をとりもどしてもくれる。たとえば以下は、絵本『つまんない つまんない』(白泉社)の、読書メーターに寄せられた感想だ。

『つまんない つまんない』(ヨシタケシンスケ/白泉社)

子どもの頃は「たいくつだ」「つまらない」とよく感じて文句を言っていたものである。いつの間にかそんなこと感じることもなくなり、更にいつの間にか追われるように生きている自分に気がついたりする。面白い…

2020/9/4

全文を読む

ヨシタケシンスケ作品どれが好き?「ユーモア・哲学・自分・世界」を軸に29作品をマッピング!

 2019年、『つまんない つまんない』でニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞を受賞したヨシタケシンスケさん。ふだん、あたりまえに信じこんでいることを「ほんとうに?」「どうして?」と素朴に問いかけ、「こうしたっていいんじゃない?」「こういう人もいるんじゃない?」と想像力を羽ばたかせることで、自分と世界の可能性を広げていく。そのまなざしに心打たれ、はっとさせられることに、国籍や性別、年齢など関係ないのだろう。

『あつかったら ぬげばいい』(白泉社)

 8月25日に刊行される最新絵本も、思い込みに縛られている私たちを解き放ってくれる一冊。これを記念して、ダ・ヴィンチニュースでは、今こそ読みたいヨシタケシンスケ作品を大特集!

 日常の面映ゆさをユーモアに描き、くすりと笑わせてくれる一方、素朴な疑問から想像力を膨らませ、ときに哲学的な思考にまで発展することもある。どうしてこんな気持ちになるんだろう? こんなことしちゃうの、自分だけかな? という内側に向けられたまなざしを起点に、あの人はどうだろう、もしかしたらこんな世界もあるんじゃないか、と他者と世界に向けて視…

2020/8/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ものは言いよう (MOE BOOKS)」の関連記事

「ヨシタケシンスケさんって○ネタ好きですよね?」Twitterの“あるある選手権”で話題の坊主さんに聞いた、『あつかったらぬげばいい』と仏教の意外な共通点

 もとは、勤めていた坊主バーの宣伝のため、Twitterをはじめた坊主さん。つぶやく仏教ネタがなくなりだしたころにはじめた「あるある選手権」が話題をよび、いまやフォロワーは110万人超え。最近では、新宿御苑に虚無僧バーをオープンし、独自の活動を続ける坊主さんが、ヨシタケシンスケさんの最新絵本『あつかったら ぬげばいい』(白泉社)を読んでどんな感想を抱くのか……?

『あつかったら ぬげばいい』と仏教の意外な共通点

『あつかったら ぬげばいい』(ヨシタケシンスケ/白泉社)

――『あつかったら ぬげばいい』を読んでみて、いかがでしたか?

坊主 何かに疲れて、救いを求めている人が読むと、ふっと心が救われるような絵本だなと思いました。使われている言葉は簡単で、誰にでもわかりやすく書かれているので、子どもはもちろん楽しめると思うんですけど、日々に疲れたサラリーマンの方も読んでみると、響くんじゃないでしょうか。あとは、仏教の教えに近いところがあるなと思いましたね。

――というと。

坊主 まあ、これはあくまで私個人の感想なんですけど。難しく考えすぎる必要はなく、…

2020/9/9

全文を読む

絵本作家に向いているタイプは?「ヨシタケシンスケの絵本作家にナルニワ国物語」を特別公開!

 ヨシタケシンスケさんのユニークな視点は、毎日忙しなく過ごしている大人にはっと気づきを与えてくれる。8月25日には、私たちの心を緩めてくれる『あつかったら ぬげばいい』(白泉社)が発売された。ダ・ヴィンチニュースでは、新刊発売にあわせて特集「自分と世界の可能性が広がる! ヨシタケシンスケ作品ガイド」をスタート。あらためてヨシタケ作品の魅力を紹介しよう。

 ここでは、『MOE』2018年1月号が初出、『ものは言いよう』にも収録されている「ヨシタケシンスケの絵本作家にナルニワ国物語」を特別公開! ヨシタケさんならではのさまざまな視点から絵本作家になるには? の真相が解かれていく。

2020/8/30

全文を読む

関連記事をもっと見る

ものは言いよう (MOE BOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ヨシタケ シンスケは、新作をコンスタントに読んでいる絵本作家です。立読みするには、少しボリュームがあったので、図書館に予約して読みました。ヨシタケ シンスケ解体新書的なムック本です。子供よりも、ヨシタケ シンスケマニアの大人向けでした。

2020/02/08

旅するランナー

中年性思春期真っ盛りのヨシタケさんの現在過去未来を、かなり深く知ることができます。やんわりと面白さが伝わってきます。これからも、新作がドシドシ出てくるのが楽しみです。でも、あんまり過度な期待をかけるのも憚られるんで、しれっと読んでいくようにします。

2021/01/02

へくとぱすかる

マニアックなほどのユルさが、何とも言えない心地よさ。ヨシタケさんの原画が、すごく小さいのでびっくり。もちろん実物大で紹介しています。ワザです。自分の描くイラストで自己紹介をするって、どんな気持ちだろう。だからかな? すごく笑えるように描いてあります。『りんごかもしれない』が出発点だっただけあって、すべての要素が入っている感じ。哲学的といわれるのもわかるけど、何でも集めて試してみたいというコレクターのようなものかもしれない。カタログを見るような楽しさですね。息子さんが5歳で描いた絵本もすごい。将来が楽しみ。

2021/02/17

zero1

多くの読者から支持されているヨシタケ。彼は何を考え、どう作品を生み出してきたのか。思考がネガティブで人生の目標は【怒られない】。過去の経験から女性が怖い(笑)。毎日手帳にスケッチしたことが作品の源に。左利きで絵は小さい。彼の本棚も紹介。絵本作家になるには?【絵本は表現の幅が広い】には納得。ヨシタケ自身、確実に絵本の可能性を広げた。何しろ絵本で哲学を描いたのだから(後述)。【今も中身がほとんど子ども】というのは貴重な存在。何しろ大人は子どもの頃の事を忘れてしまうもの(後述)。名言多数(後述)。読んで損なし。

2021/09/20

免疫力爆上げした ♪みどりpiyopiyo♪

ヨシタケシンスケさんの素顔が見えるご本だよ♪ 絵本雑誌 月刊MOEで読んだあれとかこれとかに大幅加筆修正したものです。■毎日のスケッチ帳(実物大)とアタッシュケースに貯めた過去のスケッチのストック、絵本のラフが眼福。同じ本を好きだったりして親近感。「ヨシタケシンスケに聞いてみよう!100こくらい」と「ヨシタケシンスケのことば」に共感やら納得やら♪ ってか質問者に凄い人達がしれっと混じってない? 「絵本作家にナルニワ国」「初海外☆ボローニャ紀行」も楽しく拝見しました ( ' ᵕ ' ) (2019年)(→続

2020/01/14

感想・レビューをもっと見る