読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わかつきめぐみ迷宮探訪 (Treasure Album)

わかつきめぐみ迷宮探訪 (Treasure Album)

わかつきめぐみ迷宮探訪 (Treasure Album)

作家
わかつきめぐみ
出版社
白泉社
発売日
2021-06-04
ISBN
9784592733058
amazonで購入する

わかつきめぐみ迷宮探訪 (Treasure Album) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

年に一度のお楽しみである、わかつき先生を2倍以上堪能できるとは(感慨)。でも、原画展を観に行けない悲しさがちょっと揺り返すか(またやってください)。懐かしいあれもこれも、結構こだわりと思いきりの産物であったりするのに軽く驚く。デビュー時から同じペン軸を使い続け、固定電話とファックスより新しいメカは用いず、なので、らしいといえばらしいか。最後の漫画、ササニシキが拗ねて家出するやつとお菓子作りは、どこかでみたような。最後のは、連載してくれませんかねえ。

2021/06/09

yraurb

わかつきめぐみさんの漫画家40周年を振り返った本。自分の人格の根幹を形成したと言っても過言ではないわかつきめぐみさんの、ご自身による作品解説がすごく…わかつきさん。言葉選びもリズムもわかつきさん。月は東に日は西にとトライアングル・プレイス大好きでした。あとご近所の博物誌。ところで水のソルティレージュの単行本収録はまだですか…?

2021/06/13

kinta

40周年にしてわかつきファン滂沱の記録集。小説の挿絵まで自分が押さえていたことに驚き。いや、がっつりファンです、と自分で自覚した(笑)。あの時代の空気、そして経年があっても変わらない人への想い。「成長」を描く作家ですが、本当にこの人はいい意味でも変わらないのです。芯の部分が。そして画面の端々に書き込まれているのですよ、それが。成長と普遍というともすれば矛盾を孕むものが共存する。我々はわかつきめぐみを知っていて良かった、と久しぶりに全巻を読み返した。

2021/06/06

たこい☆きよし

なんと、わかつきめぐみ40周年記念本とな。何もかもみな懐かしい。大学時代は手書きファンジンやイラスト、カットに多大な影響を受けた。その最たるものがほとんど一人で手書き、手描きで2年かけて作ったコンベンションアフターレポート。自分はその後、手仕事からDTPになって久しいが、40年アナログ画業を続けられていることに心からの敬意を。描き下ろし新作番外編は二つともキャラの画風はともあれ、当時の雰囲気を感じさせて懐かしい。新作もいつも通り。このまま50年、60年を目指してほしい。

2021/06/30

サンドマン

わかつきめぐみ画業40周年……(遠い目)。そりゃあコッチも歳を取るわけです。デビュー作から、ガッ!と心を掴まれて読み続けている人ですからね。(イメージアルバムも買いました。カセットテープで!)個展もねぇ、こんなご時世じゃなきゃ万難排してして行きたかったですともさ…。で、内容はファンにはありがたいインタビュー&お仕事リスト&新作3本です。まっさか、この歳で新たな茗や阿梨と会えるとはねえ。ライムと阿梨のやりとりがいかにも作中にあったかのようなエピ…。新作はまさにわかつきワールド。これは続編が流通されるべきです

2021/06/02

感想・レビューをもっと見る