読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

それしか ないわけ ないでしょう (MOEのえほん)

それしか ないわけ ないでしょう (MOEのえほん)

それしか ないわけ ないでしょう (MOEのえほん)

作家
ヨシタケシンスケ
出版社
白泉社
発売日
2018-11-02
ISBN
9784592762379
amazonで購入する

ジャンル

「それしか ないわけ ないでしょう (MOEのえほん)」のおすすめレビュー

ヨシタケシンスケさん「大人がいうことばかりが全てじゃない」――MOE絵本屋さん大賞2019に、かこさとしさんの遺作も

 子どもから大人まで広く人気を集める「絵本」の世界。毎年たくさんの新刊絵本が登場しますが、その中からベスト30を決定する恒例の年間絵本ランキング「第12回 MOE絵本屋さん大賞2019」(協力:朝日新聞東京本社メディアビジネス局)がいよいよ発表されました。絵本月刊誌『MOE』(白泉社)が主催するこのランキングは、全国3000人の絵本専門店・書店の児童書売り場担当者にアンケートを実施して新刊絵本30冊をセレクト。プロの目利きが選んだ2019年のベスト絵本とはどんな顔ぶれなのでしょう。先日、東京都内で開催された贈賞式の模様とともに、受賞者の喜びの声をお届けします。

************

『MOE』編集長の門野 隆さんの挨拶から贈賞式はスタート。続いて「MOE絵本屋さん大賞」の受賞作品が発表され、白泉社の菅原弘文代表取締役社長がお祝いの言葉をおくりました。

〈月刊『MOE』門野 隆編集長のご挨拶〉 「今年も絵本屋さん、書店員の皆様に素晴らしい作品を紹介していただきました。我々が『MOE』を編集する上でも、さらに読者の方々にとっても良き道しるべとなり、と…

2020/2/4

全文を読む

女の子がいろいろな未来を想像!? ヨシタケシンスケの最新絵本『それしか ないわけ ないでしょう』

『それしか ないわけ ないでしょう』(ヨシタケシンスケ/白泉社)  毎度毎度、想像もつかないような、それでいて幼いころに一度は考えたことがあるようなユーモアあふれる絵本で驚かせてくれる、ヨシタケシンスケさん。新刊が出れば必ず話題になり、子どもはもちろん大人まで虜にしてしまう。そんな彼の新しい絵本が『それしか ないわけ ないでしょう』(白泉社)だ。

 本作品は、主人公の女の子におにいちゃんが放った「みらいはたいへんなんだぜ」というひとことから始まる。それを聞いた女の子はショックを受け、おばあちゃんにそれを伝えに行く。

 しかしそれを聞いたおばあちゃんは、「だーいじょうぶよ!」と笑い飛ばす。おとなの言うことはたいてい当たらない。「みらいは たーくさん あるんだから!」と、女の子を安心させる。そしてこの言葉が、女の子の想像力をかき立てる。例えば「まいにちウインナーのみらい」「まいしゅうどようびはクリスマスのみらい」など、女の子の世界はどんどん広がっていく。

 子どものころ、「お風呂がプリンだったらいいのに」とか「アニメのキャラクターが画面から出てきたらいいの…

2018/11/2

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「それしか ないわけ ないでしょう (MOEのえほん)」の関連記事

好みの表紙から本を選ぶ! “ジャケ買い”のススメーー黄色い表紙編

 本との出会いは一期一会。何の気なしに本屋さんやネットで本を探していて、ふと出会ってしまう素敵な表紙の書籍。心をグッとつかまれたならそれは「買い」で間違いなし! 本稿では、ダ・ヴィンチニュース編集部がオススメする、“ジャケ買い”してハズレなしの作品のうち、黄色い表紙の作品をご紹介。

31歳で亡くなった梶井基次郎の『檸檬』 あ、丸善にレモンを置く話? 「桜の樹の下には屍体が埋まっている」で始まるあの話も収録

『檸檬 (280円文庫)』(梶井基次郎/角川春樹事務所)

『檸檬 (角川文庫)』(梶井基次郎/角川書店)

『檸檬 (新潮文庫)』(梶井基次郎/新潮社)

 読み返せば読み返すほど、さらに魅力が増していく本がある。特に教科書に載せられていた名作の数々は大人になってから読み返してこそ、じわじわとその魅力が感じられるものだ。その最たるものとして挙げたいのが、梶井基次郎の『檸檬』。「ああ、丸善に檸檬を置く話ね」と侮ってはいけない。ひとたび本を開けば、作者の感性に圧倒。作品の力に思わず魅せられてしまうことだろう。

『檸檬』の文庫版は梶井基次郎の短編集となっている。特…

2019/11/1

全文を読む

ヨシタケシンスケさんの新作は、超大人向けの“いやらしい話”!? 

 10月21日に放送された『情熱大陸』にも出演し、デビュー5年にして押しも押されもせぬ大人気絵本作家となったヨシタケシンスケさん。人一倍常識に縛られていた自分だからこそ伝えられるものとは?

常識に縛られてきた自分だからこそ、他人と違っていい、という提案ができる

――大変な未来への不安(『それしか ないわけ ないでしょう』)とか、死んだらどうなるんだろう(『このあとどうしちゃおう?』)とか、大人も子供も根本的には悩んでいることって変わらないのかもしれないと、ヨシタケさんの絵本を読んでいると感じます。

ヨシタケ 大人は大人なりに「あちゃ~」ってなるし、子供は子供なりに「わかる~」ってなる。そういう絵本にできたら僕は一番嬉しいと思っていて。『情熱大陸』で「他人と違っていてもいいなって思えた」とおっしゃってくれているお母さんがいましたが、僕自身が「他人と違っちゃだめなんじゃないか」と日々不安に思っているからこそ、そういう感想が出てくるんだと思います。

「こういう考え方をすれば、他人と違っていても大丈夫だと思いません?」という提案ができるのは、そうすれば僕自身が…

2018/12/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

それしか ないわけ ないでしょう (MOEのえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ヨシタケ シンスケは、新作をコンスタントに読んでいる絵本作家です。本日(11/2)発売の最新作読みました。子供がいろんな未來を考えるのは良いことだと思いますが、親や教師はかなり辛く面倒臭さいです(笑)

2018/11/02

絵本。未来には沢山の可能性がある!決して不幸な未来ばかりではない、大人に読んでほしいと思いました。お母さんが最後に卵料理について聞くシーンが好きです。

2018/11/25

ゆのん

待ちに待った新刊!子供の表情が本当に可愛い。卵の色々が笑える。

2018/11/01

zero1

固定観念に縛られず、自分で新しいものを見つけろ!未来は誰にも分からない。追い詰められた人は、目の前の選択肢が見えなくなる。経験値が低い子どもなら、選択肢が少なく感じるのは当然。ばあちゃんは流石、経験値があるだけに発言に説得力がある。でも300歳のばあちゃんは嫌だなあ(笑)。ヨシタケの世界は読者の可能性を増やす。だから支持される。あなたは、自分の世界を自分で狭くしてない?選択肢が、それしかないわけないでしょう!

2020/03/22

gtn

確かに、世の中好きなことや嫌いなことより「すらい」なことが多い気がする。もっと言えば「すらい」なことは、日本人の美徳である。

2019/12/06

感想・レビューをもっと見る