読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

サン・サン・サンタ ひみつきち (MOEのえほん)

サン・サン・サンタ ひみつきち (MOEのえほん)

サン・サン・サンタ ひみつきち (MOEのえほん)

作家
かこさとし
出版社
白泉社
発売日
2019-09-04
ISBN
9784592762546
amazonで購入する

「サン・サン・サンタ ひみつきち (MOEのえほん)」の関連記事

かこさとしが、サンタクロースの“本当の姿”を描いた絵本とは?

『サン・サン・サンタ ひみつきち』(かこさとし/白泉社)

 絵本やキャラクターなどのアート・エンターテインメントをビジュアル豊かに特集する雑誌『月刊MOE』(白泉社)から生まれた、「MOEのえほん」シリーズ。2019年9月4日(水)に発売された2冊の絵本が、大きな注目を集めているようだ。

 まず1冊目として紹介するのは、2018年に亡くなった人気絵本作家・かこさとしさんによるクリスマス絵本『サン・サン・サンタ ひみつきち』の新装版。作中では北極の厚い氷の下にある誰も知らない大きな工場を舞台に、サンタクロースの奇想天外な“ほんとうの姿”が描かれている。

 かこさんは1959年以来、日本中の子どもたちに愛読される作品を600点以上生み出してきた絵本作家。『からすのパンやさん』や『だるまちゃんとてんぐちゃん』など代表作も数多く、絵本好きの間では「こんなにも優しく子どもの目線で描かれた絵本がほかにあるだろうか。未来の子どもたちにこれからもずっと読まれるといいな」「かこさとしさんの絵本が今でも大好き。自分も読み続けているし、子どもにも読ませています」と高く評…

2019/9/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

サン・サン・サンタ ひみつきち (MOEのえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

niaomi

1986年に刊行されたかこさとしさんの絵本を再編集して復刊したもの。北極に集まったゴミをおもちゃに再利用し、子供達にサンタさんとなって配るというお話。

2019/10/03

たくさん

工場とか作業服とか、親が買っておいた家にはサンタは来ない理由とかなかなかいい感じで読めた本でした。

2019/10/12

みさよ♪

かこさんの復刊本とのことで初読み。からすのパン屋さんみたいに沢山のプレゼントのイラストに思わず感嘆の声が出る。これは大人が読んでも胸が温かくなるクリスマス絵本だと思います。何度も読み返したい。

2019/10/03

しい

サンタを信じている息子には、この本はどう映ったのかなと心配になっちゃいました。

2019/09/15

感想・レビューをもっと見る