読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆめぎんこう (MOEのえほん)

ゆめぎんこう (MOEのえほん)

ゆめぎんこう (MOEのえほん)

作家
コンドウアキ
出版社
白泉社
発売日
2020-10-02
ISBN
9784592762751
amazonで購入する

ジャンル

「ゆめぎんこう (MOEのえほん)」のおすすめレビュー

涙ってどうして出てくるの? リラックマ原作者が描く、やさしい思い出の物語『ゆめぎんこう』

『ゆめぎんこう』(コンドウアキ/白泉社)  もしも、会いたい人に夢のなかで会えたなら…。そんな喜びと切なさが入りまじる絵本『ゆめぎんこう』(白泉社)を紹介します。

 著者は「リラックマ」や「うさぎのモフィ」など、子どもから大人まで楽しめるイラストや絵本を描いているコンドウアキさん。かわいい、おしゃれ、そばに置いておきたい! と思える絵はここにも健在。まずはママの心をくすぐる絵本を、4歳になりたての息子といっしょに読んでみました。

 “ゆめぎんこう”は、ゆめを買い取り、そのゆめをアメに変えて売る不思議なお店。いろいろなアメの瓶が所狭しと並んでいて、わくわくさせられます。  物語の主人公は、 “ゆめぎんこう”の店主・ぺんぺん。あるとき、「ゆめを買い取ってほしい」との依頼を受け、ゆめを食べるバクのもぐもぐといっしょに出かけました。依頼主は白いヒゲをたくわえたおじいさん。もしかしたら、亡くなった人がゆめに出てきてくれるかもしれない、と考えていたらしいのですが…。

現実と空想を行き来する子どもに「ゆめ」がフィット

 息子は、おじいさんの楽しそうな夢に興味津々…

2020/10/3

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ゆめぎんこう (MOEのえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

リラックマの原作者コンドウアキのリラックマ以外の絵本を読むのは初めてです。リラックマほどキャラは立っていませんが、夢が溢れる楽しい絵本、子供も大人も楽しめます。夢のアメを食べてみたい🍬🍬🍬 https://www.hakusensha.co.jp/books/9784592762751

2020/10/14

リラックマの作者の絵本。かわいいし、いい話でした。夢を売る銀行があったらいろんな人の夢を体験できて、毎晩楽しいだろうと思います。私も好きな夢を買い取ってもらって自分で買うのやってみたいな。会いたい人に夢で会えるのっていいなと思いました。

2020/10/25

anne@灯れ松明の火

MOE2020年6月号の付録が単行本化! ゆめを売る人、ゆめを買う人、それをつなぐのが「ゆめぎんこう」。店主はペンギンのぺんぺん。バクのもぐもぐと一緒に、丁寧な仕事をしている。あるお客様との交流を通して、自分の仕事の大切さ、良さを実感するぺんぺん。苦手なこともあるけれど、もぐもぐと頑張ってほしいものだ。リラックマが有名なコンドウさん。キャラクター造形がお上手。絵も優しくて、癒される。パステルカラーの世界に包まれ、ほんわか♪ これをお供にベッドに入れば、いいゆめが見られるだろう。 #NetGalleyJP

2020/10/02

ももたろう

お客様が寝ている間に見る夢を買い取って→ 夢の飴に変え→またそれを売る"ゆめぎんこう"。壁一面に並べられたカラフルな夢の飴に目移りしそう♪ゆめぎんこうの店主ペンペンと夢を食べるおじいちゃんバクのもぐもぐのコンビ。夢の中でしか会えない人との想い出を形に残そうとするお客様。いつまでもこんな風に想ってもらえるなんて幸せだなぁ…きゅーんと切ない気持ちになる おすすめ絵本です。

2021/01/15

ほんわか・かめ

一年に一度だけ、見た夢をゆめぎんこうに買い取ってもらえるという。バクが食べた様々な夢は、空を飛ぶ夢や虹を渡る夢などの飴玉になって販売される。絵も設定もかわいらしくてユニークだが、心打たれるのは後半!夢の買取を依頼にきたおじいさんの想いがとてもあたたかいんです。語られる思い出は愛に満ちていて、大人におすすめです♡

2020/12/07

感想・レビューをもっと見る