読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

動物のお医者さん (第6巻) (白泉社文庫)

動物のお医者さん (第6巻) (白泉社文庫)

動物のお医者さん (第6巻) (白泉社文庫)

作家
佐々木倫子
出版社
白泉社
発売日
1996-03-20
ISBN
9784592881469
amazonで購入する

動物のお医者さん (第6巻) (白泉社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masa@レビューお休み中

終わりが着実に近づいているのがわかるのに、物語はますます面白さを増していく。三毛猫のミケvsインコ、菱沼さんvs野良猫のハナちゃん、ネズミ嫌いの二階堂vsドブネズミなどなど…。常にハムテルたちの周りには動物たちがいて、その動物に関わる人間がいる。しかも、獣医学部にいるのにネズミが嫌いな二階堂がいるから、変な騒動に発展してドブネズミとバトルすることになってしまう。そして、菱沼さんは動物が好きだけど、動物たちから嫌われる体質(?)を存分に発揮して、野良猫たちとの珍事件を引き起こしてくれるんですよね。(笑)

2014/08/05

cozicozy

【図書館】感想書いたのに...消えてしまった。(涙)■気持ちを持ち直して、再度チャレンジ!■ハムテルと二階堂のコンビは、何処まで行っても相変わらずである。そこがいいのですが。二階堂の鼠恐怖症!には、その行動が笑いを誘います。(本人、いたって真面目です。)回りの個性的すぎるキャラクターが、更にパワーアップしているような。漆原教授、大切な場面では大人のフリしましょうよ。フリ。大人なんですから~(笑)連載から時間が経っているのに、いつ読んでも変わらない面白さ。文庫本を揃えたくなりました。最後の解説も、良いです。

2014/05/26

かっぱ

【レンタル】ニャオン再び、二階堂とチョビのドブネズミ撃退作戦、二階堂の卒論テーマは「猫の体表に存在する真菌の分離と同定」、犬ぞりレース再び、晩年ヒヨちゃんに嫁が!?、獣医師国家試験の日、A山動物園での実習、などなど盛り盛りな内容。それにしても就職したはずの菱沼さんがちょくちょくと大学に顔を出しています。この漫画では漆原教授同様に外せぬキャラだもんなぁ。

2018/01/03

しましまこ

犬ぞりレースに漆原教授参戦、学会でも戦ってるし...やっぱ漆原教授最強!

2016/09/11

Yuu I

図書館本。H大って、ブラックではないか(笑)友達の息子さんが受けたが、雪で飛行機が飛ばないかもって、前泊で入試に付き添われていた。頭で入らないが、獣医って魅力的。昨年に続いての犬ぞりレース。ハスキー犬は力はあるが、犬ぞりには向いてないじゃないかと思う。チョビも大変だ。

2020/03/15

感想・レビューをもっと見る