読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

美貌の果実 (白泉社文庫)

美貌の果実 (白泉社文庫)

美貌の果実 (白泉社文庫)

作家
川原泉
出版社
白泉社
発売日
1995-09-01
ISBN
9784592883135
amazonで購入する Kindle版を購入する

美貌の果実 (白泉社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

せ〜ちゃん

★★★★★ 収録作品→【愚者の楽園ー8月はとぼけてるー】…とぼけた女子高生が農園で農業に目覚める♪ バイトの報酬でパパイヤを持って帰ったら「高級取り」と褒める家族にワロタ♡【大地の貴族ー9月はなごんでるー】…牧場青年とお嬢様。野球選手の名前がついた動物達が沢山♪【美貌の果実ー10月はゆがんでるー】…弱小人気ワイナリー。葡萄の精が切ない(涙)【架空の森】…寡黙で武士の様な少女とお喋りな少年。【森には心理が落ちている】…カメになった女子高生…ちょっと泣けた♡【パセリを摘みに】…お隣同士の兄弟・姉妹のラブコメ♪

2017/08/13

るぴん

川原泉再読祭り③これに収録されてる話は全部好き。「森には真理が落ちている」の「カメでもいい…好きだよ」「ほ、ほんとかよ」は名台詞!今の時代、パセリを摘みに行くなんて言わないだろうなぁ( ̄▽ ̄;)

2017/07/20

ぐっち

「ワタシの川原泉」読んで、「バースとフォンタナゴールド」いないじゃん、からの再読。擬人化も昨今はやっておりますね。今週並行して読んでた小説に「実はお父さんが別の人に悩む息子」「プロ野球の助っ人外人の名前をつけた動物」が出てきて、笑っちゃいました。川原泉は先んじすぎですね。

2014/12/06

ぐっち

何度目かの再読。子供の頃はへんてこな雰囲気が好きだったのですが、今は…「あれが一番こたえたはずだから…」「そーして穏やかな顔の男の人と女の人になったのだ…」… という静かなモノローグが沁みます。

2021/03/27

のんすけ

川原泉祭開催中。一次産業シリーズも外せません。どれがいいとか選べない。とにかくこのシリーズで、農業の良さを知ったんだったわ。このシリーズは恋愛物ってはっきりしてるけど、甘々でなくほのぼのしてていいな〜。

2013/12/19

感想・レビューをもっと見る