読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マリー・キュリー (小さなひとりの大きなゆめ)

マリー・キュリー (小さなひとりの大きなゆめ)

マリー・キュリー (小さなひとりの大きなゆめ)

作家
マリア・イサベル・サンチェス・ベガラ
フラウ・イーサ
河野万里子
出版社
ほるぷ出版
発売日
2021-02-10
ISBN
9784593101412
amazonで購入する

ジャンル

マリー・キュリー (小さなひとりの大きなゆめ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ごへいもち

読友さんご紹介本。なんか可愛いマリー・キュリーの絵に惹かれて

2021/04/26

river1031

マリーキュリーは幼い頃1番はじめに買ってもらった伝記漫画。その時はポーランド語を使ってはいけないこと、ご主人が馬車で亡くなったことが印象に残ってた。大人になって読むとマリーの偉業がわかる。ただやはり絵本であまり詳しくは書かれていないので、今回はお姫様より科学者に憧れる賢い女の子という印象が強い。

2022/06/05

スパナ

「はじめてよむ伝記えほん」シリーズ。 放射能などを発見し、女性初のノーベル物理学賞受賞者になったキュリー婦人の伝記。産まれながらのリケジョだったようです。 当時は、はたから見たら変わった女の子だったでしょうね。子どもの「好き」を邪魔しないようにしようと思います。

2021/04/12

感想・レビューをもっと見る