読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

木のロボットと 丸太のおひめさまの だいぼうけん

木のロボットと 丸太のおひめさまの だいぼうけん

木のロボットと 丸太のおひめさまの だいぼうけん

作家
トム・ゴールド
金原瑞人
出版社
ほるぷ出版
発売日
2021-11-09
ISBN
9784593102709
amazonで購入する

ジャンル

木のロボットと 丸太のおひめさまの だいぼうけん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

seacalf

イラストがたいへん可愛い絵本。子どもが欲しい王さまとお妃さまは女性発明家に木のロボットを、年を取った賢い魔女には丸太のお姫さまを作ってもらう。この2人が表情豊かでキュートなのだ。ある朝、メイドさんの勘違いから丸太のままのお姫さまが投げ捨てられて、さあ大変。あれよあれよという間に遠い北の国へと旅立つことになった木のロボット。お互いの道中に起こったイベントも楽しそうだし、このシリーズでもっと話を見てみたい。一風変わった2人の主人公だが、それを全く感じさせないとことん優しさに溢れたお話だった。

2022/07/01

メープル

ぼうけんの様子が楽しくとても温かい。ロボット、おひめさま、それぞれの度の途中の出来事が省略されてるけど、とても気になる。また特別編や続編でお話描いてくれないかな??

2022/03/31

ニャーテン

子どものいない王様とお妃様の元にやって来た木のロボットと丸太のお姫様。幸せなお城での暮らしから一転、兄のロボットはいなくなった妹の丸太のお姫様を探して遠い北の国まで行くことに。寒い場所で起こしちゃかわいそうと荷車に妹を乗せて長い道のりを運ぶ兄の優しさにホロリ。途中でその役割が交代するところもいい。虫の伏線は読めなかった!二人の大冒険の様々なキーワードはとっても興味をそそるので詳細を読んでみたくなるなぁ。ハッピーエンドが大好きな6歳息子は、お城の近くの森に戻った場面とラストに最高の笑顔で拍手を送っていた。

2022/01/24

けいねこ

なんて、幸せなお話! よぶんなことを削ぎ落として、大事なことだけで二人の旅を綴っているようです。シンプルでいて、しっかりと組み上げられた物語。きっと、木のロボットの中身も、そんなふうなんだろうな。

2022/01/03

しらたえび

マンガぽいですがくっきり綺麗に描かれている絵が特徴的な絵本。丸太のロボットと丸太のおひめさまがお互い支え合っているそんな姿がよいです。たびに出たり帰り道にトラブルにあったりするのでイベント型の内容だったらもっと楽しかったのになと思いました。6才

2021/12/15

感想・レビューをもっと見る