読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

走れメロス(声にだすことばえほん)

走れメロス(声にだすことばえほん)

走れメロス(声にだすことばえほん)

作家
太宰治
竹内通雅
出版社
ほるぷ出版
発売日
2009-04-30
ISBN
9784593566617
amazonで購入する

ジャンル

走れメロス(声にだすことばえほん) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nakanaka

絵本としては難しい単語が多く大人向けの本なのかな。小学二年生の息子に言葉の説明をしながらの読み聞かせ。それでもストーリーもイラストも面白いので惹きつけられる息子。やっぱり名作ですな。

2019/12/28

テルテル

絵本版の走れメロスを初めて読んだ。言葉は、幼年期の子どもたちには難しいかもしれないが、気持ちはうまく伝わると思う。言葉以上に、絵に感情がこもっており、見る者を引きつける。正義の心を育む絵本として、大変優れていると思う。声にだして読んでみるとさらに迫力がある。読み聞かせでも高学年で結構反響は良かった。是非、読み聞かせで活用してみてはいかがでしょうか。お勧めです。

2015/07/02

mika

名作を絵本で楽しめるとあって期待していたのだが…難しい四字熟語など出てきたりして、子供に説明するのに私がアタフタ…。どうせなら言葉も子供向きに噛み砕いてほしかった。ラストも何だかもやっとするような終わりかた。しかしながらまぁ絵はとても迫力あって良かった。

2017/08/31

けだま

2013.7 娘たちに読み聞かせ。表紙にも表れているが、竹内通雅さんの絵の迫力が凄い。文章はかなり抜粋されているが、絵と相まってなかなかの緊迫感がある。でも、ラストは「走れ!メロス」で終わり。無事友と会えたことは絵で分かるが、少し物足りなかった。6分。高学年向け。

2015/04/23

たまきら

時々すごく読みたくなる本です。オタマもそうなのかな?表紙を見て「あ、メロスだ」だって。でも、この絵本は途中までなのでご注意ください。

2015/12/25

感想・レビューをもっと見る