読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ルールって ほんとうにひつよう? (NHK Eテレ「Q―こどものための哲学」)

ルールって ほんとうにひつよう? (NHK Eテレ「Q―こどものための哲学」)

ルールって ほんとうにひつよう? (NHK Eテレ「Q―こどものための哲学」)

作家
NHK Eテレ「Q―こどものための哲学」制作班
tupera tupera
古沢良太
出版社
ほるぷ出版
発売日
2019-03-08
ISBN
9784593588060
amazonで購入する

ルールって ほんとうにひつよう? (NHK Eテレ「Q―こどものための哲学」) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Twakiz

こどものための哲学.「ルールがあるから自由がない」のは本当か? 最近は頭が働かなくなったなぁ..

2019/05/18

遠い日

「Q―こどものための哲学」シリーズ。ルール=束縛と考えればしんどいが、ルールはみんなを守る秩序だと思えば、気持ちの収まりどころも得られる。Qくんの考えがぐるぐる周り出すところが、今回もおもしろい。答えはひとつじゃない。「もし〜だったら」は、いろいろな場合を想定できるだいじなステップ。

2019/06/22

やま

ルールがないとどうなるか。考えてみることも大切ですね。ないと困るのがルール。守らない人がいると周りの人が困るのもルール。

2019/07/23

たくさん

自由とルールと対比したり困る困らないにこだわりすぎている感もある。もっとルールについてうまく説明できそうな気もするが不完全燃焼。だれがどういう目的でルールを作る、それがどういう観点でという一番大事なところが書かれていない気がする。

2019/05/16

Ayumi Shimojoh

Eテレで見たことある子どもが、図書館で借りた本。こどものための哲学、へー、よくできてるわ。Qワード、なんで?たとえば?くらべると?立場をかえたら?どんな?そもそも?ほかの考えは?どういうこと?もし〜だったら?反対は?ほんとうに?

2019/07/08

感想・レビューをもっと見る