読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

こえを かければ よかったのに…: 身体障害者とのかかわり (NHK Eテレ「u&i」えほんシリーズ)

こえを かければ よかったのに…: 身体障害者とのかかわり (NHK Eテレ「u&i」えほんシリーズ)

こえを かければ よかったのに…: 身体障害者とのかかわり (NHK Eテレ「u&i」えほんシリーズ)

作家
NHK Eテレ「u&i」制作班
鈴木 友唯
西田征史
出版社
ほるぷ出版
発売日
2020-03-26
ISBN
9784593588299
amazonで購入する

こえを かければ よかったのに…: 身体障害者とのかかわり (NHK Eテレ「u&i」えほんシリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

anne@灯れ松明の火

新着棚で。副題「身体障害者とのかかわり」が気になって。読後、奥付でNHKのEテレの番組の書籍化だと知った。主人公のアイくんは車椅子のお姉さんが困っているのに、助けなかったことを後悔していた。そこに、怪しい生き物?が現れ、悩みを解決すると申し出る……。アイくんの体験は大人でもすることが多い。「お困りですか?」→「どのような方法で、手伝うのがいいですか?」覚えておきたい。

2020/06/22

感想・レビューをもっと見る