読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

白雪姫 (世界みんわ絵本)

白雪姫 (世界みんわ絵本)

白雪姫 (世界みんわ絵本)

作家
高津美保子
山本容子
出版社
ほるぷ出版
発売日
1992-09-01
ISBN
9784593593194
amazonで購入する

ジャンル

白雪姫 (世界みんわ絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

つくよみ

図書館本:グリム童話「白雪姫」を、著者の視点でアレンジしなおした作品。何処までも純真な白雪姫を執拗に狙う、嫉妬深い継母。そして周囲で姫を護る小人や狩人。様々なバリエーションがある白雪姫の中で、それぞれを比較検証して話としての面白さを追求した結果、こういう話に落ち着いたとの事で、一つの完成形として読める作品かと。反面、絵は話との親和性が高いながらも独特の雰囲気を放つ絵柄で、見事なオリジナリティを、この作品に与えていると思う。森で姫が殺される運命になった時、身代わりを申し出る白い狐の解釈も、あとがきで。

2013/11/30

きりこ

【蔵書再読】山本さんはこの白雪姫の絵本を描くのに5年もかかったそうです。なぜかというと7人の小人をイメージするとディズニー映画のキャラが浮かんで困ったそうでこの強烈なイメージを払拭するために、まず思い出せない登場人物を描くこうとして選んだのが「狩人」だったそうです。この狩人の姿はピカソの絵を連想させます。狩人も小人も見事ディズニーとはかけ離れたイメージになりました。まま母も小人もそれぞれ個性的なもしくは強烈な風貌で、一番リアルに描かれている白雪姫はやけに麗しく感じられました。続く→

2013/11/18

ちえ

山本容子さんの版画は今までの白雪姫の登場人物からのイメージとかけ離れている。小人は可愛くないし、狩人はちょっとピカソを思わせられた。上半身だけ上下に動きを描くなど「5才から」と書かれた絵本とは思えなかった。でも、その独特な、(山本さんだなぁ)と感じる版画好きです。お話については学習しない白雪姫には失笑、最後の結婚式に行ったお妃が受ける仕打ちに(うん、やっぱり昔話はこうじなきゃ)とにやりです。

2018/08/31

けんちゃん

本屋さんで。グリムの原作に忠実でストーリーとしては、安心して読める感じ。山本容子さんのイラストには相変わらず驚かされます。表情のすばらしさ、不気味にだらけた感のある小人達、えぐいお妃、その中で、白雪姫だけが、まとも(失礼!)に描かれ、美しさが際立った印象になっています。

2011/12/10

遠い日

山本容子さんの絵を求めて。でしたが、高津美保子さんの文章も読み応えがあった。わたしの知らない白雪姫のパターンで、嫉妬深い継母のお妃の邪な行いが何度も繰り返されるところなど、実に「悪」のリアリティが表現されている。ハッピーエンドだけでは終わらない最後の凄まじさも、妙にいい。

2015/04/10

感想・レビューをもっと見る