読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ)

銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ)

銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ)

作家
ますむら・ひろし
原作 :宮沢 賢治
出版社
扶桑社
発売日
1995-03-30
ISBN
9784594016982
amazonで購入する Kindle版を購入する

銀河鉄道の夜 (ますむら・ひろし賢治シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新地学@児童書病発動中

作者が『銀河鉄道の夜』をほぼ忠実に漫画化したもので、初期形の「ブルカロニ博士篇」も収録されている。人間ではなく、登場人物が猫になっている特長がある。猫好きの私は極度に感情移入して読めた。寂しげな雰囲気の漂っている原作にくらべて、独特の親しみやすさがある。「ブルカロニ博士篇」はこれまで読んだことがなかったので、最終稿との違いが面白かった。いろいろな部分を削って、あのような形になったのだ。猫のひげまで丁寧に描く一齣一齣に丁寧描く作者の熱意が素晴らしい。賢治の原作と共に繰り返し読みたい作品だ。

2017/11/26

あーさん★医者に🍜なら食べれると言ったら、「どんどん食べなさい」と言われました('・ω・')

再読。アニメはいつやったっけ?(?_?)

2020/03/20

へくとぱすかる

昨日読んだ北原版は、人間のジョバンニたちを描いていたが、コミック版の原点・ますむら版はネコとして描かれる。原作の持つ鉱物的ともいうべき感触は、実は人間臭さをできるだけ描かないことで実現できるのではないか? 「ブルカニロ博士編」は今回初めて読んだのだが、後から描かれたためか、絵がていねいで美しく、そして表現がよりダイナミックになっているので、こちらがいいという意見があるのもよくわかる。それにしても、あとがきの指摘には驚愕。初めて知った!

2014/08/26

bee

やはり、ますむらひろしさんの世界感は宮沢賢治の世界感と相性が良い。映画化されたのは視聴済。プルカニロ博士編の方が後に描かれたからか作画が良いが、はじめの3章と最後の余韻により第四次稿の方が洗練されているような感じがする。賢治の独特な言い回しもそのまま漫画に用いており、原作の雰囲気を全く壊していない。もし銀河鉄道の夜がまた漫画化されてもこれを超える作品は現れないだろう。あとがきが良かった。

2015/06/07

たみ

[銀河鉄道の夜 最終形]と[銀河鉄道の夜 初期形(ブルカニロ博士篇)]を収録。初期形は宮沢賢治が改訂する前の原稿を元にしたもので、「セロのような声をした黒い帽子の大人」が出てきてジョバンニに語り掛ける。どちらの作品もシンとした空気感や表情が印象的で、怖い物語なんだなと思った。「さあしっかり切符を持っておいで お前はもう夢の鉄道の中ではなしに 本当の世界の火やはげしい波の中を 大股にまっすぐ歩いて行かなければいけない」p307

2015/10/09

感想・レビューをもっと見る