読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

チーズはどこへ消えた?

作家
スペンサー・ジョンソン
Spencer Johnson
門田美鈴
出版社
扶桑社
発売日
2000-11-27
ISBN
9784594030193
amazonで購入する Kindle版を購入する

チーズはどこへ消えた? / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

ちょっとしたビジネス書!様々な変化に対処していきたいとは思いますが、自分にはまだまだはるか遠くの理想だね。そう思っているうちは、まだまだ自分にも伸びしろがあるのかな(笑)何年たってもためになる本ですね。

2017/08/07

Richard Thornburg

感想:★★★★★  通勤の往きと帰りで2回も読んでしまった(笑)  さらりと読めてしまうホントに薄い本で、語られていることも単純極まりないのですが、意外とできてない人も多いんじゃないでしょうか。  この本で語られていることがすべてとは言いませんが、変化を予測・・・あるいは変化に気づき対応できる柔軟な姿勢を持っているか否かで、うまく変化の波に乗れるか取り残されるかは決まる気がします。  物語に登場する2匹のネズミと2人の小人。  それぞれに明確な個性が与えられており、ストーリーは単純明快です。

2018/08/20

hit4papa

チャレンジすることをテーマにした自己啓発本です。世界中で売れに売れているベストセラー、そしてロングセラーなので、読まずとも内容は知っていました。これ以降、本書のような寓話的なスタイルのものが乱発されたように思います。ストーリーはいたってシンプルです。ネズミのスニフとスカリー、小人のヘムとホーの二匹と二人が、迷路の中で無くなったチーズを前に、どのような行動をとったかが語られています。色々な立場の方々と、本書を題材にディスカッションしなければ、気付きは得られないでしょう。皆とアウトプットするための書籍です。

2019/10/25

ehirano1

さてと、『新しいチーズ』像を描くことにします。念のためにいくつか描いておくことにします。チーズが消えたら、また本書を読み直して再び『新しいチーズ』像を描くことにします。念のために・・・。でもこれで良いだと思います。

2014/12/23

kou

短いながらも、教訓が凝縮した内容だった。変化に敏感に対応する・・・正直、苦手(汗)。とりあえずアンテナを張り、変化をキャッチできるように練習していこうと思う。

2019/03/26

感想・レビューをもっと見る