KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

このたび、便所は宇宙である

このたび、便所は宇宙である

このたび、便所は宇宙である

作家
千原ジュニア
出版社
扶桑社
発売日
2016-02-20
ISBN
9784594074319
amazonで購入する

このたび、便所は宇宙である / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夜勤中の寺

千原ジュニアの『SPA!』での連載を纏めた本。巻末には東野幸治との対談付き。面白かった。内容はテレビでもしているエピソード話や独特な理屈や指摘が網羅されている。私はジュニア贔屓なので楽しく読む。ちょうど本書の連載時期がジュニアの結婚と重なり、その報告がある。ジュニアにはずっと独身でいてほしかった(笑)。笑いながら読める1冊だが、唯一真面目なのが『表現の自由』の回。酒鬼薔薇聖斗の『絶歌』出版に怒りを示している。あの事件でお蔵入りになったのがジュニアの名作小説『14歳』だったとは。お蔵にしたのは角川書店。

2016/05/06

ばんだねいっぺい

次の枕詞は、なんだろうか?

2016/02/20

MIC

ジュニアの思考過程がよくわかって、面白い。巻末に東野幸治との対談もあって、かなりお得な感じです。

2016/03/22

なかちゃん

これまで出ているこのシリーズすべて読んでいますが、今回も相変わらず面白い!読み応えたっぷりです。どこから読んでも面白い!

2016/02/27

股上三郎

世界で唯一の笑える哲学書

2016/02/21

感想・レビューをもっと見る