読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論

すべての新聞は「偏って」いる  ホンネと数字のメディア論

すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論

作家
荻上チキ
出版社
扶桑社
発売日
2017-12-09
ISBN
9784594078706
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

特定のメディアの偏りばかりが目につくとしたら、それは観察する者が何かの立場に強くコミットメントしているためだ――

人と人とのコミュニケーションに、偏りが存在しない状態はない。この世に「真実そのもの」が仮にあったとしても、それをまっさらに伝えることのできる「なかだち」は存在しない。文字であろうが映像であろうが音であろうが、伝えられる情報量は有限だ。
ニュースは出来事を要約して伝えなければならないし、仮に無限の伝達が技術的に可能であろうと、人の時間は有限である。すべての情報は断片的で、切り取られたものだ。何かの断片的で編集された情報を手にしたうえで、「真実を知った」と思い込むのは誤っている。
〈本書まえがきより〉

評論家・ラジオパーソナリティとして活躍する著者による、分断の時代のメディア論。
本書では、安保法制や軽減税率など過去の新聞記事を引用しながら、あるいは独自データを用いながら、各メディアの「クセ」が示される。
それを見て、「やれやれ」「やっぱり」と溜飲を下げるかもしれない。が、本書の目的は、むしろ、そうした“ふるまい"へのリハビリにある。
「バイアスのないメディアなど存在しない」という前提に立ち、その「クセ」を詳らかにすることで、分断する社会で溢れる情報とつきあう具体的スキルを提示する一冊だ。

「すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論」のおすすめレビュー

新聞は本当のことを伝えているのか? 「安全保障関連法の改正」「原発再稼働」の社説の見出しを比較して分かったこと

『すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論』(荻上チキ/扶桑社)

 新聞には「信用」や「信頼」というイメージがある。その理由を探ってみれば「正確に」「ありのまま」「公平中立な立場で」情報を伝えるメディアであると思われているからだろう。ところが、実はそうではない。新聞に限らずで、仮にこの世に「真実そのもの」があったとして、それをそのまま正確に伝えることのできるメディアは存在しない。

 すべてのメディアにはバイアスがある=すべてのメディアが「偏っている」という前提のもと、それがいかなる傾向や度合いに「偏っている」のかを適切に知ろうと試みたのが本書『すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論』(荻上チキ/扶桑社)である。

 タイトルの通り、本書は新聞を例にメディアの「偏り」を明らかにしようとしたものである。対象は全国紙の主要5紙、読売、朝日、毎日、日経、産経だ。なるほど、それぞれキャラが立っている。日本ABC協会レポートに、各社が自社のスタンスについて寄せた特徴的なフレーズを抜き出すとこうなる。

読売新聞「真実を追求する公正な報道…

2018/1/29

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hk

日本の5大新聞社は異口同音「弊社の新聞を購読しているボリュームゾーンは高所得者層」と陰に日向に広報している。本書ではその理由を「このアピールは読者へ訴えているのではない。購買力のある高所得者が購読しており広告効果が強いというスポンサーへの秋波だ」と分析。その上で「新聞は生活必需品だから」と消費税軽減税率を求める新聞社連合にたいし、それは高所得者層が購買層であるならば通らない理屈なのではと批判している。 ワタシはここらの議論から広告に依存している新聞という媒体ないし業界全体の偏りと限界を改めて痛感した。

2018/05/11

matsu04

「すべての新聞は偏っている」って、当たり前と言えばまあ当たり前のことなんだけれど、いろいろなテーマ別に全国紙5紙の記事を並べてみると、予想どおりの結果とは言え面白い。「『どうせ朝日だろう』『また産経だろう』で済ませてしまうと、良質な情報をも読み流してしまうことにもなりかねない」との著者の主張にも頷ける。また、各社の世論調査方法の差異や書評記事についての解説も興味深い。

2018/06/11

かふ

5大紙(読売、朝日、毎日、産経、日経)のそれぞれの特徴と政治に対するスタンスをデーターによってわかりやすく解説。取り立てて目新しい主張はないけど、改めて産経は「対朝日(かまってちゃん)」なんだなと思った。産経新聞は1992年9月以降のデーターしかデジタル化してないのは、過去を詮索されと困るから?それぞれの新聞が選ぶ有識者というのもだいたい予測はつくが、この本の著者である荻上チキさんは朝日が多いから「偏っている」と言われるかもしれないな。そういう本だからいいのか。

2018/03/19

gtn

軽減税率に対する全国紙各紙のスタンスが面白い。特に、いつもなら反与党を決め込む朝日、毎日が反対しない。軽減税率の対象に新聞が含められたためだが、いつもの気炎はどうした。いかにも御都合主義である。なお、著者は、いろんな理屈をつけて軽減税率に反対しているが、想像力のない人だ。実際に恩恵を体感しないと分からないタイプらしい。

2018/12/09

まゆまゆ

全てのメディアには伝える際にバイアスがかかる=偏っている、という前提で情報にふれることの重要性を説く。ネット上だけだと記事タイトルと新聞名を見ただけで条件反射的に思うところもあるけど、それを踏まえて考えろ、ということか。いわゆる右や左の色の濃さが各新聞に現れているが、地方紙の政治色はどうなんだろうか……そこだけ気になった。

2018/03/05

感想・レビューをもっと見る