読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

謀略の砂塵〈上〉―トム・クランシーのオプ・センター (海外文庫)

謀略の砂塵〈上〉―トム・クランシーのオプ・センター (海外文庫)

謀略の砂塵〈上〉―トム・クランシーのオプ・センター (海外文庫)

作家
トム・クランシー
スティーヴ・ピチェニック
伏見威蕃
出版社
扶桑社
発売日
2018-09-27
ISBN
9784594080594
amazonで購入する Kindle版を購入する

謀略の砂塵〈上〉―トム・クランシーのオプ・センター (海外文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆーぼー

オブセンターシリーズは、読んだことはなかったが、トム・クランシーの遺作が復活されたのなら、一読の価値があると思って購入した。 上巻では、センターの構成員や、方向付けがメインに描かれているが、その頭角も表し始めた。 ジャックライアンシリーズはマーク・グリーニーが引き継ぎ、この作品はスティーヴ・ビチェニックが引き継いだのだ。 感想は読了後に記す予定だが、トム・クランシーは偉大な作家だったと、改めて感じさせられた。

2019/03/16

かんとり

オプ・センター復活! 楽しみなシリーズがまた始まりましたな。  米国本土の複数スタジアム、同時爆破の犯人排除からオプ・センター始動。 うん!いいんでないかい。^^

2018/12/06

Makoto Yamamoto

トム・クランシーの存命のころの作品とは流れが違う気がする。 テンポが遅く、これまでならシッカリ書かれていたところがほぼ素通りで展開する。 上巻なのでどのように展開するかわからないが、このまま進むと次は読まないだろう。 ライアンシリーズと同じことになることを危惧。

2018/11/07

無添

アメリカフットボールスタジアム数か所で同時爆弾テロ。廃止されていた「オプ・センター」を再開する。

2018/11/08

tai65

星3つ

2019/02/07

感想・レビューをもっと見る