読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ゴーマニズム宣言 2nd Season 第1巻

ゴーマニズム宣言 2nd Season 第1巻

ゴーマニズム宣言 2nd Season 第1巻

作家
小林よしのり
出版社
扶桑社
発売日
2018-12-12
ISBN
9784594081188
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

あの『ゴーマニズム宣言』が、23年ぶりに『週刊SPA!』に復活!! 小林よしのり、最期の戦いが「より凶暴に」始まる!

1995年、オウム真理教事件への報道姿勢の違いから『週刊SPA!』と決別した小林よしのりさんが、23年のときを経て『ゴーマニズム宣言』の連載を再開し、『週刊SPA!』に復活しました(2018年4月から)。

小林さんは『ゴー宣』を復活させた理由を、次のように語ります。

「再びわしが毎週という過酷なペースで『ゴーマニズム宣言』を描くことにしたのは、怠惰と堕落の底に沈んだ日本を、再浮上させるための最期の戦いが必要だと決意したからである。
未だ皇位の安定的継承もならず、戦後レジームからの脱却もならず、貧富の格差拡大や、少子高齢化における将来不安、女性の地位やLGBT等の問題、先端生殖医療の倫理観など、あらゆる価値が混沌とする状況で、総合的に語る思想漫画を子孫に残しておこうと考えた。」(巻末収録「檄文」より)

するどく現在の社会問題に切り込む本作では、

●安倍改憲には権力の暴走を縛る「立憲的改憲」で対抗せよ!
●オウム13人の死刑を経て、「オウムに殺されかかった漫画家」としてあの事件を総括!

といった大テーマのほか、セクハラ問題、日米地位協定、新幹線通り魔殺人事件など、さまざま事象に対し、「ごーまんかましてよかですか!?」と数々の"断言"な問題提起します!

【小林よしのりさんプロフィール】
漫画家。1953年、福岡県生まれ。『東大一直線』でデビュー。『おぼっちゃまくん』などのギャグ漫画が子供たちの間で大ブームに。1992年、『ゴーマニズム宣言』の連載スタート。思想エッセイ漫画という新ジャンルを打ち立て、1998年の『戦争論』も大ヒット。その他、『沖縄論』『台湾論』『天皇論』などヒット作多数。2014年、23年ぶりにかつて決別した『週刊SPA!』で『ゴーマニズム宣言』を復活させる。

【本誌掲載内容】
第1宣言 復活の狼煙を上げる
第2宣言 西部邁、属国に死す
第3宣言 権力忖度システムの愚劣
第4宣言 立憲的改憲という選択がある
第5宣言 女人禁制は伝統ではない
第6宣言 セクハラより人材だ
第7宣言 枝野幸男・コスタリカ・ガンジー主義
第8宣言 長谷部恭男の愚民思想を撃つ
第9宣言 地位協定と憲法9条
第10宣言 安倍「自衛隊明記」の危険
第11宣言 「自衛隊明記」に潜むコンプレックス
第12宣言 君たちはどう生きるか
第13宣言 オウム教祖・幹部、死刑執行
第14宣言 なぜ高学歴の若者がオウムに入ったか
第15宣言 VXガス暗殺団との戦い
第16宣言 吉本隆明らインテリの犯罪
第17宣言 オウムを利する危険なリベラル

BEFOR 2nd Season
特別収録 教育勅語で道徳は復活しない
特別収録 憲法と山尾志桜里の真実

檄文 『ゴーマニズム宣言』の復活をここに宣言する!

ゴーマニズム宣言 2nd Season 第1巻 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

変節したといわれていた作者が全く変わっていなかったので大変驚きました。作者が重きを置いている価値は独立です。改憲問題でいうと、独立→日米同盟破棄→個別的自衛権→立憲的改憲となります。作者のいう立憲的改憲とは保守主義ですが、自民が保守でないのは対米追従が独立に反しているからです。本書でたびたび立憲的改憲の解説があることから、作者の意見は党内で広がっていないと推測します。それで、安部改憲を批判することで、間接的に立憲民主にプレッシャーを掛けているようにみえます。彼は弱い者には優しいので、退潮した左翼に対する判

2018/12/20

Y2K☮

真面目で純粋。しかも努力家で親切で正義感も強く、夢は世界平和。一見好ましい。でもあの教団で凶悪犯罪を働いた信者の多くはまさにこういう人間だった。真に恐ろしいのは全くの善意から生じた悪。九条を守れ平和を守れと涙目で叫ぶ連中がそれとは知らずに日本を侵略戦争に巻き込む下地を作っている様に。美辞麗句を弄して国民の果たすべき責任から逃げるな。沖縄と自衛隊に押し付けるな。たかだか百年続いた程度の因習を古来の伝統と混同するな。普通に読解力のある庶民なら著者の主張を当然と思うはず。それこそが保守の証。知識人に騙されるな。

2018/12/16

みのくま

ぼくはここ数年、色々と独学で勉強してきた。特に戦後の思想に興味を持ち、ポストモダン系の本も少しは読んできた。そうすると「当たり前」を疑い、価値を相対化していく事が楽しくなるのだ。周りの人々が何も分かっていないように見え、自分を特別に感じたりもする。だが本書を読んで、その感覚には大きな落とし穴がある事を思い出した。オウムがヤバイ事なんて「当たり前」なはずが、そうではないように思想が粉飾してしまう。知識人たちがかかる罠に、ぼくがかかるわけにはいかない。よしりんの言う庶民の「常識」こそ、罠を見抜く最大の防壁だ。

2018/12/16

shige

まさかSPAに再び掲載するとは。、 20代からアラサー世代だと、この人がオウムに暗殺されかかったということも知らないだろうから衝撃的だろうな… 死刑執行後のオウム事件の総括はこの人以外できない。 毎週連載で大変なのだろうけど、前の雑誌よりギャグも多いし、テーマも多岐に渡るからとても楽しい。

2018/12/25

たろいも

よしりん復活。戦争論の時から好きでした、キツく強く歌っているのは他にはできない芸当、正義とはまさにこの人、曲がりなし。賛否両論はあるがここまで努力した人におれは物申せない、着いて行きますどこまでも。

2019/01/02

感想・レビューをもっと見る