読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書)

将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書)

将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書)

作家
高野秀行
岡部 敬史
さくらはな。
出版社
扶桑社
発売日
2018-12-27
ISBN
9784594081263
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

将棋「初段になれるかな」会議 (扶桑社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

岡部敬史/おかべたかし

将棋の本って、駒の動かし方から書いてある初心者用か、棋譜がたくさん書いてある上級者用ばかりで、ルールは知ってるけど強くない人が、気軽に読める本がないなぁと思って作った一冊です。指南役は、息子が通う将棋教室を主宰する高野秀行六段。「わかったふりはしない」を信条にいろいろ質問した結果「初段」を目指すを掲げるにふさわしい本になりました。「将棋ウォーズ」などで初段を目指しているみなさん、ぜひ手に取ってみてください。さくらはな。さんのイラスト&漫画も楽しいですよ^^

2018/12/09

むーちゃん

何回か読み直して、基本的なことを勉強したい。 「観る将になれるかな」も読んでます。

2020/07/23

Twakiz

将棋級位者からなかなか抜けられずいろいろ読んでます.駒の動かし方から勉強したい入門者向けと,かなりの実力があって有段者向けの本しかないので級位者向けの本を・・という視点がありがたい.この本に出てくる5手詰めとか寄せ,なかなか見えないので自分の実力はそんなもんだと分かった.級位者同士の対局をプロの目で解説してくれている部分はありがたい.それ以外の手筋は見たことあるけど,実際の対局ではやっぱり使いこなせない.修行あるのみ.

2019/02/06

hnzwd

級位者が将棋初段になるには、何がポイントなのかを対話形式でまとめた本。プロの真似するのは無駄、って話だったり、単手数の詰め将棋で形を覚えるあたりとか、覚えるべき10なの格言なんかは本当に勉強になるのかも。

2022/07/29

みんく

『難しい「詰み」より、簡単な「詰めろ」』将棋番組を見ているとちょくちょく出てくる格言。これを細かく解説してくれる本は、今までになかった。実戦ではせいぜい3手詰めくらいしか読めない自分にとっては、9手詰めなんて絶対読めない。なので「次に受けなければ確実に詰ませますよ」という「詰めろ」の手を指せれば棋力アップしそう!まあ、実際は、指し手が「詰めろ」になっているかを読むのは簡単じゃないんだけれどもー。森雞ニ先生・金子タカシ先生の寄せの本が終盤力強化にもってこいですね。

2020/09/03

感想・レビューをもっと見る