読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

すべての罪悪感は無用です

すべての罪悪感は無用です

すべての罪悪感は無用です

作家
斎藤学
出版社
扶桑社
発売日
2019-02-01
ISBN
9784594081348
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

あなたの苦しさはどこから来るのか
あなたが悩み苦しむ「問題行動」は、生き残りのための手段なのである。不思議と繰り返す「不幸な人生」は修復可能なのだ。
家族問題の第一人者である精神科医が、あなたを縛る見えない呪縛から解放。かけがえのない「あなた」を自分で見つけ、愛するために。

「すべての罪悪感は無用です」のおすすめレビュー

虐待、アルコール、ダメ男依存… 植え付けられた「罪悪感」から自分を救ってあげるには?

『すべての罪悪感は無用です』(斎藤 学/扶桑社)

 ニュースを見ていると、むごたらしい虐待事件が後を絶たない。そんな中、ネットで話題となったのは「虐待は依存症の一種だ」という見解だ。虐待を受けている子どもが親から離されると、親は「もう虐待ができなくなってしまう」という不安から一生懸命に子どもを取り返そうとする。親が、子どもへの虐待で自我を保ち、依存してしまっているのだ。そう考えると、虐待する親の心理が少し明らかになってくる。

『すべての罪悪感は無用です』(斎藤 学/扶桑社)の著者は精神科医。アルコール依存症などの「依存症」という言葉を提唱し定着させた人物だ。本書は、著者がこれまでに語ってきた罪悪感や依存症にまつわる言葉をまとめて編集したものだ。

■なぜ私たちは「ありのままじゃダメ」と思うのか  罪悪感にはどういうものがあるだろうか。身近なのは、「自分は良い母親や妻でなければならない」という思い込みから頑張るものの、それを逸れてしまったときの自分が悪者のように思えることなどだ。あるいは、親の「明るくて良い子でいてほしい」「高学歴でなければならない」など…

2019/2/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

すべての罪悪感は無用です / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

廃人

自分の中のインナーマザー。無意識に、これはだめ、あれは良くないと押さえつけていたと自覚。周囲の影響は無意識レベルにまで及ぶことを踏まえて、主観、客観をきちんと区別し、現実を捉えたい。

2019/02/14

mouyan

ひとつひとつの話がよくまとまっている。

2019/03/01

感想・レビューをもっと見る