読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

武器としてのFX

武器としてのFX

武器としてのFX

作家
田畑昇人
出版社
扶桑社
発売日
2019-12-20
ISBN
9784594083892
amazonで購入する Kindle版を購入する

武器としてのFX / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まよえる30代。。。

内容は、VIXに関する部分が新しいが、全般的にはよくある内容。まとまっていて読みやすかった。

2019/12/22

ma

今回の本は難しい。前作の内容でかなり満足していたが、その内容を否定している部分があり、混乱してきた。

2020/10/22

くぼ

FXの本、ボラティリティにより多額の利益の創出を狙う。前著書に引き続き大変読みやすく、すぐ実践できる方法まで記載してある。最近、感のトレードで調子に乗っていたため、改めて気が引き締まる思い。 ・取引時間は東京・ロンドン・ニューヨークの各市場ごとに実施する。東京は9時〜15時、ロンドンは16時〜21時、ニューヨークは22時〜24時。各市場が閉まってから始まるまでに逆張りを入れる。 ・このトレードでいくらまで損していいのか/許容損失額の計算 ・許容損失額に収めるための撤退ラインはどこに置くか/取引数量

2020/06/02

感想・レビューをもっと見る