読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

火の柱(上) (海外文庫)

火の柱(上) (海外文庫)

火の柱(上) (海外文庫)

作家
ケン・フォレット
戸田 裕之
出版社
扶桑社
発売日
2020-03-01
ISBN
9784594084363
amazonで購入する Kindle版を購入する

火の柱(上) (海外文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

新型コロナウィルス対策購入シリーズ第39弾、ケン・フォレットは、「針の眼」以来、35年近くに渡って読み続けている作家です。キングスブリッジ(大聖堂)・シリーズも読み続けています。最新作は上中下全3巻、1,600頁超の大作です。上巻は一気読みしました。トータルの感想は全巻読了後に。

2020/05/11

のぶ

「大聖堂」の続編との事で、楽しみに手に取った。全三巻、1600ページ余りに及ぶ作品の第一巻なのでこの先の展開は読めないが、この巻の時代は1558年から1563年。物語の中心はカトリックとプロテスタントの争いを軸に、イギリスとフランスを舞台にした壮大な話だ。その中でもプロテスタントの貿易を営むウィラード家とカトリックの商売敵でもあるフィッツジェラルド家との確執でストーリーは展開する。両国の王家の関係も挿入されていて、この先が気になる所だ。第二巻に入ります。

2020/05/02

k5

ちょうど萩尾望都の『王妃マルゴ』と同じ時代背景。ブラッディー・メアリーから、メアリー・スチュアート、エリザベス女王にスカーフェイスと、歴史上の人物のキャラが立ちまくっているため、過去2作の「大聖堂」シリーズと比べてオリジナルキャラクターがあまり立ってない感はあります。とくに時代を変えるような強い意思をもつ人物がまだ。しかし、経済史というか文明の発達を背景に、メロドラマありの大河ドラマを展開するという、ケン・フォレットの面白さは健在。ヨーロッパ歴史小説もっと流行って欲しいです。

2021/01/03

星落秋風五丈原

ドラマにもなった大聖堂の続編。表紙は若きエリザベス。最初の方は彼女のライバル、スコットランド女王メアリーの方が圧倒的優勢だ。それなのに立場が逆転していくのは、周りについた者の差か。エリザベスには既に能臣ウィリアム・セシルがついているのにメアリーにはいいブレインがいない。カトリーヌ・ド・メディチや叔父のギーズ公のパワーゲームを近くで見ていたのに学ぼうとする姿勢が見られないのは、決められた道がその通り進んでいくと信じて疑わないからだ。その頃の王族なんて大概そんなものだ。死の恐怖に晒されていたエリザベスが特殊。

2020/04/07

キムチ27

中世の初期からキングズブリッジを追って行く。が虚構の町のストーリーを知らずとも、筆者が紡ぐ世界への容易な侵入可能。大したストーリーテリングで読み耽った時間はフェルメールの世界。あちらは商人の空気感だがこちらは粗暴な伯爵・したたかな司教が民を牛耳りヒールぶりが顕在。メアリーからエリザベスへ激しく移行して行く時間がリアル。とにかく、結婚と妊娠、宗教の呪縛‥そのはざまに見えるのは「神の意志を除いて家格が何より問題」という事。マージョリ―もそれを守らんと心動かぬ結婚をする。舞台が英・仏・西・蘭等文字通りグローバル

2020/05/24

感想・レビューをもっと見る