読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論

作家
小林よしのり
出版社
扶桑社
発売日
2020-08-20
ISBN
9784594085636
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゴーマニズム宣言SPECIAL コロナ論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mitei

本当にインフルエンザと同等、それ以下のレベルのウイルスのために社会全体が被ったダメージはこれからどうするんだろうかと思うくらい、ひどく大きいものになる今回の騒動。コロナ怖いと言って国に国民を縛って欲しいなどと冷静に考えれば、恥ずべきものだし、レベル的には自己判断でどうぞとしか言えないものに自粛警察は人にも強要させて経済での犠牲者をいたずらに増やすのはあまりにもひどいな。

2020/08/22

ころこ

コロナを論じる場合、様々なデータを踏まえ、それぞれの政治性に配慮するため、特にメディアの偏向報道には批判が甘くなりがちです。絵の表象が擁護、批判を描き分けているという小林のマンガの弱点は、今回、この点で清々しいくらい対抗言説として機能しています。自由の制限を支持するという最大の矛盾を抱え、日本の近代史が関わらないために参照項を見失っている左派に対して、安全保障や憲法問題ではないはずなのに、不思議と自由と自立の価値を問う小林の立場は明確になっています。

2020/08/21

Y2K☮

コロナの危険性はインフルエンザに遠く及ばない。この事実を感情論ではなく科学的データに基づくロジックで完璧に看破した名著。そして真の敵はウイルスではない。グローバリズムを信奉し過ぎて日本独自のやり方に自信を持てなくなった我々の甘えだ。だから何万人も亡くなっている欧米を見習ってPCR検査を増やせなんて言い出す。図らずもコロナは戦後日本人の醜い利己主義を暴き出した。観光業界や飲食店が潰れても自分が安全ならいいGOTOやめろ緊急事態宣言また出せ云々。反吐が出る。でも諦めない。堕落し切ったらあとは這い上がるだけだ。

2020/08/22

shige

自粛全体主義・インフォデミックの中で自身の主張を貫き通す著者を尊敬する。 序文に代わる『メディアが報じない「不都合な真実」』が強烈。 本作や巻末のブログを時系列に読んでいくとマスコミ(特にモーニングショー)を中心に日本が如何にパニックに陥っていったかよく分かる。 「リスクゼロ」の世界はありえないし、社会インフラを支えてくれる人々がいなければステイホームもテレワークもありえないのに。 この数か月の狂騒を記録した名著になりそう。

2020/08/21

村山トカレフ

読了そして確信。日本においてのといふエクスキューズは必要ではあるが、コロナウイルスはパンデミックではなくインフォデミックだ。感情や情緒論なんかではなく、誤魔化しようのない数字が、サイエンスに基づいたデータが、コロナウイルスが緊急事態宣言前にピークアウトしていたことを示している。なのに、日々垂れ流された「コロナこわいゾ、コロナやばいゾ」のメディアの扇動、否、布教活動の陥穽に嵌りコロナ脳に陥った大衆。世論に気圧されて出しちゃった緊急じゃないのに緊急事態宣言。メディアの罪は重く、コロナ脳の白痴ぶりは嘆かわしい。

2020/09/11

感想・レビューをもっと見る