読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

騙されない老後-権力に迎合しない不良老人のすすめ- (扶桑社新書)

騙されない老後-権力に迎合しない不良老人のすすめ- (扶桑社新書)

騙されない老後-権力に迎合しない不良老人のすすめ- (扶桑社新書)

作家
池田清彦
出版社
扶桑社
発売日
2020-12-25
ISBN
9784594086879
amazonで購入する Kindle版を購入する

騙されない老後-権力に迎合しない不良老人のすすめ- (扶桑社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Susumu Kobayashi

副題がいい。「大事なのは、「楽しく過ごし、結果的に長生きする」ことであって、「長生きという目的のために楽しく過ごす」ことではない」(p. 79)。「「ストレス=健康の敵」というイメージがあるが、これは正しくない。(中略)一切ストレスがないというのは、長寿遺伝子をさぼらせることにつながるので、かえって身体には毒なのである」(p. 80)。「真面目な人ほど医者の言うことを信じて、健康によかれと思うことを心がけるが、これこそストレスの溜まる原因となり、寿命を縮めることにつながるに違いない」(p. 148)。

2021/03/12

たかしゃん

著者は「お年寄りの命を最優先に守りますなど恩着せがましく言われたくない」と言うが、現役世代からすると経済的不安がない著者にこそ、言われたくない。「ワクチン接種が始まっても数ヶ月は様子を見る方が安全」とは、腹が立つ。お年寄りの命を守るための緊急事態宣言による自粛が経済的だけでなく精神的に追い詰められる人がいるのを忘れてはならない。時間との勝負です。ワクチンの順番が回ってきたらさっさと打て。 人間の自然寿命は38才は驚いた。

2021/05/03

感想・レビューをもっと見る