読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

天才作家の妻 40年目の真実 (ハーパーBOOKS)

天才作家の妻 40年目の真実 (ハーパーBOOKS)

天才作家の妻 40年目の真実 (ハーパーBOOKS)

作家
メグ ウォリッツァー
浅倉卓弥
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2019-01-25
ISBN
9784596541048
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

その秘密が、夫婦の歯車を狂わせていく――

ゴールデン・グローブ賞主演女優賞受賞で話題の映画原作!

キャッスルマン夫妻は、傍目には皆が羨む理想の夫婦。夫ジョゼフは世界に名を馳せる作家で、妻のジョーンはそんな彼を長年献身的に支えてきた。
そしてこのたびジョゼフが念願の文学賞を手にし、二人はついに栄光の絶頂を迎える――。だが誰も気づいていなかった。
二人が人には言えない秘密をひた隠していること。その秘密が夫婦を崩壊へと向かわせていたことに。
G・クローズ主演で話題の愛憎渦巻く映画原作!

天才作家の妻 40年目の真実 (ハーパーBOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

CHACK

帯に書かれている、真実・秘密については、4分の1ほどを読んだ時点で分かってしまうのだが。 大きな文学賞を受賞したキャッスルマンの妻、ジョーンの1人称で進められる物語。最終的にこの本自体が彼女の処女作ということになるんだろう。もしくはキャッスルマンの処女作「胡桃」の最終章か。 文中に日本語の翻訳について言及されている部分があり、ここを訳者はどんな気持ちで訳したんだろうと思ったりした。「クルミ」を「狂った実」と訳した部分の原文が知りたい。

2019/02/10

感想・レビューをもっと見る