読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

贖いのリミット (ハーパーBOOKS)

贖いのリミット (ハーパーBOOKS)

贖いのリミット (ハーパーBOOKS)

作家
カリン・スローター
田辺千幸
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2019-12-16
ISBN
9784596541284
amazonで購入する Kindle版を購入する

贖いのリミット (ハーパーBOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

もはや事件は添え物程度。ウィルとサラの恋愛のスパイスとして殺人が起きている感じ。スパイスということでいえば、アンジーがメインとなる今作品は格別。事件のからくりは中盤でほぼ予想がつき、あとはそれまでヒールだったアンジーにどこまで感情移入させるか勝負。いよいよ佳境に入ったあたりで、都合よくアンジーがふらっと病院に現れる展開はいかがなものかと思ったが、やはり続きは気になる。サラの恋愛に対してやたら浪花節な性格は、海外作品では珍しいくらい日本風。こういうのもちゃんとウケるんだなというのが新鮮。

2019/12/22

のぶ

ウィル・トレントを主人公とするシリーズですが、本作は別居中の妻アンジーを中心とした話でした。建設現場で発見された元警官の惨殺死体。一面血の海だったが、大量出血したのは被害者でなく、現場から姿を消した女だと判明する。さらに現場に残された銃がアンジーの物と判明する。真相を求めウィルは奔走する。物語の前半にアンジーは登場しません。後半になりアンジーの意外な周辺関係が徐々に明らかになってくる。長いのですがとてもよく練られたプロットで、飽きることなく最後まで導いてくれる。シリーズ最高傑作だと感じました。

2020/02/12

future4227

ウィルトレントシリーズ8作目。ウィルの超悪妻のアンジーが娘のために孤軍奮闘する。やっぱりアンジーは頭がいい。そして不屈の精神が凄い。これが善玉キャラなら言うことないのだが、なぜか夫のウィルに対しては最悪の妻に成り下がるのが、いまいち理解できない。今回はそんなアンジーの優しい一面が垣間見れる。そしてサラは前作でもウィルに腹を立てていたけれど、今回もなぜか腹を立ててる。一体何に怒っているのか、前作同様自分には全く理解できないんだよなぁ。女心がわかってないのだろうか?

2020/06/13

みぃー

ウィル・トレント・シリーズ⑧。満を持してアンジーがメインで登場。面白くない訳がない!印象的なプロローグのシーン、そしてアンジーの死を思わせる衝撃的な事件で物語は幕を開ける。前半はウィルやサラ達が事件を追い、後半はアンジー視点でその事件が描かれる。アンジーの印象がここまで変わるとは!彼女はしたたかで周りを引っ掻き回す悪女。これまでその印象しか持ってなかった。だけどアンジーは…切なくなるほどマトモな部分を持っていた。彼女は彼女なりにウィルを愛していたんだ。全てアンジーに持っていかれた感がある読後感だった。

2020/10/29

ほちょこ

満を待してのアンジーとはよく言ったもんだ。確かにアンジーとウィルの過去は今まで深追いされてこなかった。アンジーのあの凄まじい人格はこうやってできたのかと、納得。次作がシリーズ最後となるらしい。

2019/12/25

感想・レビューをもっと見る