読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

開かれた瞳孔 (ハーパーBOOKS)

開かれた瞳孔 (ハーパーBOOKS)

開かれた瞳孔 (ハーパーBOOKS)

作家
カリン・スローター
北野寿美枝
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2020-02-17
ISBN
9784596541314
amazonで購入する Kindle版を購入する

開かれた瞳孔 (ハーパーBOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆいまある

三連の殺意が衝撃的に面白かったので(ウィルが好き過ぎる)、カリン・スローター通しで読むと決めた。優秀な医師で検察官で、尚且つ美女で、と来たらスカーペッタシリーズ思い出すが、全く違う。思い出すことすらなかった。完璧過ぎるケイと違い、身長180cmでZ3に乗り、洋服のセンス皆無のサラは気持ちいいぐらい強い。もう一人の主役と言えるレナが激しくてアンジー感あって好き。惜しむらくは男性が駄目。変態と人の気持ちが読めない奴ばかり。いい男はグラント郡にいないのか。順番狂っちゃうので、このシリーズの翻訳早くお願いします。

2021/04/29

のぶ

本書がカリン・スローターのデビュー作らしい。以前に早川から出版された時はノーマークで、いま改めて出されて読む事が来たのはとても良かった。読んでみて今の新作と雰囲気があまり変わっていない気がした。主人公はジョージア州の検死官で小児科医のサラ・リントン。町のレストランのトイレで、大学教授の女性が腹部を十字に切り裂かれて殺害されたところから物語は始まる。猟奇的な状況だが捜査が進むにつれ、陰惨な性犯罪である事が明らかになってくる。ウィルのシリーズも良いが、これもシリーズになっているようで今後に期待したい。

2020/04/18

future4227

来たー!これぞカリンスローター。このシリーズをずっと読みたかったけれど、なかなか入手困難で、このたび嬉しい復刊。ウィル・トレントシリーズでお馴染みのサラ・リントンが主人公のシリーズ1作目。やっぱり初期のころの作品は残忍さが尋常じゃない。犯人による犯行シーンはちょっとだけ。被害者がどんな目にあったのかは女性検視官サラによって検死解剖をもとに語られていくだけ。それがむしろ想像力を掻き立てて、おぞましさをより増幅させる。そしてウィル・トレントシリーズと合わせて、物凄く壮大な人間ドラマに膨れ上がっている。

2020/06/30

ほちょこ

ヨンデナカッタ。スローター女史の作品はすべて読んでたと思い込んでた。危なかった。初期の作品だが、すでに女性にとっては恐怖としか思えない展開を仕掛けてくる。立ち向かうには勇気だけでなく、俊敏さ、ある種の冷酷さ、すべてをかなぐり捨てるくらいの決意、そんなものを備えるべきと声高らかに吠えているが(いや、吠えてはいないか)。隙のない人間なんていないよなぁと、ちょっとこの平和ボケの日常に溺れかけてる私は思うのである。さて、新作読もうっと!

2020/12/29

あさうみ

カリン・スローターはやっぱり面白い!お気に入りのシリーズで読んでしまうのがもったいなく思える。事件も相変わらず上手いのだが、やはり人間関係に釘付けにされる…。ウィルのことがあるから、署長とは…少し複雑だけど…追っていきたい!

2020/07/25

感想・レビューをもっと見る