読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

グッド・ドーター 上 (ハーパーBOOKS)

グッド・ドーター 上 (ハーパーBOOKS)

グッド・ドーター 上 (ハーパーBOOKS)

作家
カリン・スローター
田辺千幸
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2020-09-17
ISBN
9784596541420
amazonで購入する Kindle版を購入する

グッド・ドーター 上 (ハーパーBOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

まだ上巻を読む限りだが、重苦しく暗い空気の覆われた雰囲気が漂っている。冒頭は28年前。アメリカ南部の小さな町で起こった殺人事件。容疑者の黒人青年を担当した弁護士の自宅が放火された。数日後に犯人とおぼしき二人組の男が引っ越し先に押し入り、妻を惨殺し、娘の姉妹も襲われる。そして現在、地元中学校で起きた銃乱射事件が発生する。上巻では姉妹シャーロットとサマンサのトラウマに包まれていた。下巻でどんな展開になるのか目が離せない。

2020/11/01

future4227

ノンシリーズ作品。穏やかな日常を突然破壊する自宅への襲撃。二人の少女姉妹にもたらされる想像を絶する惨劇。これでもかこれでもかというぐらいに悲劇が襲い続ける。そして奇跡の生還。この惨劇シーンが姉視点と妹視点で繰り返されるため、読んでいて苦しくなる。この手法、最近カリンスローターさんはよく使う。そして28年後。姉妹が卒業した学校で起きた銃撃事件にまたしても姉妹は巻き込まれていく。28年前のトラウマを今も引きずる二人がこの事件にどう向き合うのか?そして事件の真相は?下巻へと続く。

2020/10/07

ほちょこ

スローター女史の作品の主人公たちは、どこか理不尽な環境に置かれているが、今回も然り。善悪、正義の確固たる信念の上に生き続ける親を持つと、こうも苦しみ、辛酸の道のりを歩き続けるのかと、段ボールで指を切った時のような深い痛みを感じる。(まどろっこしい表現)下巻へ。

2020/10/10

あさうみ

だいぶ苦しいです!姉妹の辿る運命が酷で辛い…ページをめくるが怖くて心折れ、久しぶりにギブアップかとも思ったのですが「苦しい道のりにきっと素晴らしい読了感がある!カリン・スローターを信じよう!」下巻へ!

2020/10/10

しましまこ

『呪われた者の弁護士』犯罪者の弁護をする父を憎む人々、家を燃やされ仮住まいで襲われ母を目の前で殺された姉妹。助かるんだよねと息を詰めて読む恐ろしい暴力。そして28年後!まず妹登場、学校での銃撃事件に巻き込まれ…予測不能のストーリー。怖いが下巻へ。

2020/09/20

感想・レビューをもっと見る