読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

罪人のカルマ (ハーパーBOOKS)

罪人のカルマ (ハーパーBOOKS)

罪人のカルマ (ハーパーBOOKS)

作家
カリン・スローター
田辺千幸
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2018-06-16
ISBN
9784596550903
amazonで購入する Kindle版を購入する

罪人のカルマ (ハーパーBOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

『血のペナルティ』から引き続き、アマンダとイブリンが大きく取り上げられている。フェイス登場時には、イブリンがこれほど前面に出てくるとは思わなかった。作者もそうだったのではないか。作品ごとにずいぶんキャラがブレて感じる。過去/現在が細かく切り替わる構成になっており、過去パートに割かれる頁数が多いことが、人によっては退屈ではないだろうか。対して現代パートは、ろくに捜査シーンも描かれず、これだけの分厚い本にしては、薄い内容に感じてしまう。ホッジ巡査部長の異動の経緯と、彼の思惑も曖昧なままで気になった。

2019/07/21

ケイ

この作家さんのシリーズ、今ひとつ好きになれないかな...と思っていたが、最新作は楽しく読んだ。シリーズ物の起点となる人物が、今回はひたすら仕事に向いていて、恋愛が絡んでこないのがよかった。そして、ジョージアにおける、女性対男性と黒人対白人の、地位向上のための地道な過程が、少し極端ではあるものの、ストーリーのキーと絡んで読み応えがあった。ごちゃごちゃになる登場人物達の名前の秘密が解けていくのも楽しめた。

2018/09/08

巨峰

このシリーズの中では失敗作ではなかろうか。現在の事件と過去の出来事が交互に語られるが、この過去編の描写が極端に長くて、しかも登場人物がアマンダとフェイスを除いては、人物紹介欄にも出ていない人が多くてよくわからないし、シーンシーンの意味も理解が難しい。また過去編が長いせいで現代の事件がぶったぎり状態。現代編の事件は捜査の描写とかが極端に少ない。70年代のアトランタの警察事情に関して読むなら同じ作者の「警官の街」がよっぽどいいと思う。この分量で2冊に分けなかったのは2冊目買ってもらえないから?と邪推した・・

2019/02/15

のぶ

シリーズの6作目という事で、シリーズ安定の面白さで楽しませてもらった。ただシリーズの流れは、本作を読んだだけだと分かり難い部分もあったと思う。主人公、ウィルの父親が連続殺人犯だという説明が出てきていなかった気がする。今回の事件は1970年代の事件と現代の事件が並行して語られていく。現在で女子大生の失踪事件が発生。もう一つは1975年の売春婦失踪事件。やがて二つの事件は交差していく。魅力的な作品ではあるが、シリーズの他の作品に比べて、やや冗長な感じがしたのは自分だけだろうか?

2018/08/18

future4227

ウィル・トレント捜査官シリーズ第6作。前作『血のペナルティ』で何やら強い絆を感じさせたアマンダとイヴリンのおばちゃんコンビ。今作はウィルの活躍は影を潜め、二人の若かりし頃の活躍と友情の始まりが描かれる。女性差別、黒人差別が公然と横行する1970年代のアメリカ社会を背景に、美人女性刑事コンビが奮闘する。そしてアマンダとウィルの驚くべき繋がりがついに判明する。イヴリンが彼に対してずっと好意的だったわけも腑に落ちた。一作目からこういう展開を想定して書いていたのだとしたら、すごいスケールの物語だ。

2018/07/28

感想・レビューをもっと見る