読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション)

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション)

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション)

作家
ローレンス・ブロック
スティーヴン・キング
ジェフリー・ディーヴァー
マイクル・コナリー
リー・チャイルド
ジョー・R ランズデール
ジョイス・キャロル オーツ
ロバート・オレン バトラー
ミーガン アボット他
田口俊樹
白石 朗
池田真紀子
古沢嘉通
小林宏明
鎌田 三平
門脇 弘典
小林 綾子
大谷瑠璃子
不二 淑子
中村 ハルミ
矢島 真理
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2019-06-17
ISBN
9784596552099
amazonで購入する Kindle版を購入する

「短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション)」の関連記事

ローレンス・ブロック「オートマットの秋」――愛する人を失い、ある計画を試みようとする女…『短編画廊 絵から生まれた17の物語』③

『短編画廊』本文より抜粋――“Cape Cod Morning”  風景の中に潜む空虚感。寂寥感…。あなたは米国を代表する名画家・エドワード・ホッパーの作品をご存知だろうか。作家・ローレンス・ブロックに言わせれば、「ホッパーの作品は、絵の中に物語があり、その物語は語られるのを待っている」。『短編画廊 絵から生まれた17の物語』(ハーパーコリンズ)は、ホッパーの 17 枚の絵画から、17 人の文豪たちがストーリーを紡いだ短編集。ブロックの呼びかけに集まったスティーヴン・キング、ジェフリー・ディーヴァー、ジョイス・キャロル・オーツなどの文豪たちが紡ぎ出す物語は、どれも度肝を抜かれるものばかり。各作品の冒頭には、物語の基となった名画が添えられ、文学好きはもちろんのこと、アート好きも楽しめる一冊だ。

ローレンス・ブロック「オートマットの秋」(訳:田口俊樹)

 ミステリー小説家ローレンス・ブロックの「オートマットの秋」は、2017 年 MWA 賞最優秀短篇賞受賞作。自動販売機を利用したレストラン、オートマットで物憂げにコーヒーをすする女性。ローレンス・ブロック…

2019/6/21

全文を読む

ウォーレン・ムーア「夜のオフィスで」で描く、行き場のない恋心『短編画廊 絵から生まれた17の物語』②

『短編画廊』本文より抜粋――“Cape Cod Morning”

 風景の中に潜む空虚感。寂寥感…。あなたは米国を代表する名画家・エドワード・ホッパーの作品をご存知だろうか。作家・ローレンス・ブロックに言わせれば、「ホッパーの作品は、絵の中に物語があり、その物語は語られるのを待っている」。『短編画廊 絵から生まれた17の物語』(ハーパーコリンズ)は、ホッパーの 17 枚の絵画から、17 人の文豪たちがストーリーを紡いだ短編集。ブロックの呼びかけに集まったスティーヴン・キング、ジェフリー・ディーヴァー、ジョイス・キャロル・オーツなどの文豪たちが紡ぎ出す物語は、どれも度肝を抜かれるものばかり。各作品の冒頭には、物語の基となった名画が添えられ、文学好きはもちろんのこと、アート好きも楽しめる一冊だ。

ウォーレン・ムーア「夜のオフィスで」(訳:矢島真理)

 雑誌記者や音楽評論家を経て、現在はサウスカロライナ州のニューペリーカレッジで英文学教授をしているというウォーレン・ムーア。彼が描き出したのは、「夜のオフィスで」。書類に目を落とす男と、その様子を見つめる女。…

2019/6/19

全文を読む

関連記事をもっと見る

短編画廊 絵から生まれた17の物語 (ハーパーコリンズ・フィクション) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちなぽむ

絵の中には語られるのを待っている物語がある。すれ違う星の数ほどの人たちがそれぞれの物語をもっているように、描かれた絵のなかに、それぞれ自分だけに用意された、自分だけを待っている物語があるのだと。しろい、生きものの気配が排除された美術館の中に、温度のない陽の光が射し込む。いつの間にか絵と自分だけの、音のない空間がある。絵に吸い込まれたのか、圧倒的に語りかけられたのか、たくさんの物語を巡っていた。これからは美術館に、自分の為の物語を探しに行こう。

2020/02/11

KAZOO

ミステリーなどで結構名が売れているアメリカの作家17人による競演です。もともとあるエドワード・ホッパーの絵をもとにしてローレンスブロックがまとめたようです。映画の一場面を切り取ったような感じの絵が最初に会って話の内容がどのようなものかわくわく感で期待を持たせてくれます。私の好きなオー・ヘンリーの話を思わせるものがあったりして非常に素晴らしい作品集でした。枕元に置いて再度読み直そうと思いました。

2019/12/14

ケイ

エドワードホッパーの絵から、作家達が紡いだ。さて、しかし、想像力を掻き立てるホッパーの絵はとても雄弁だから、作家と感性が違えばしっくりこない短編もあるにはある。絵と文ともに好きなのは『ガーリーショウ』ミーガン・アボット(ピンクの乳首) 、『映写技師ヒーロー』ランズデール(無駄に女のために...、ハードボイルド)、『窓越しの劇場』サントロファー(懲らしめてやれ、覗きオトコめ!) 絵画は「Soir Bleu」(ピエロ)「Nighthawks」「Hotel lobby」。『夜のオフィスで』は短編として好き

2019/09/18

藤月はな(灯れ松明の火)

アメリカの実態を掬い取った絵で魅了してくるエドワード・ホッパー氏の作品から受けたインスピレーションを基に編まれた短編集。まずは「ガーリー・ショウ」から始まるのが心憎い。不誠実な夫に尽くすしかなかった妻が自分とは真逆の存在と出会う事で開放される様が晴れがましいからだ。「夜鷹」の洒落っ気と孤独と付き合える者のほろ苦さ、「11月10日に発生した事件につきまして」のエンターテイメント性、「アダムス牧師とクジラ」の牧師と無神論者の立場の反転と奇跡のような輝かしい一瞬からの衝撃で、でもどこか納得してしまう事も中々。

2020/01/14

honyomuhito

暑い夏の朝に読んで眼が覚めるような感覚。鮮やかな切れ味、粋な読み口。短編集のいいところを集め、アンソロジーとはかくあるべきというような逸品だ。好きな絵に好きな作家たちが物語をつけることがこれほどワクワクするものかと。早く次が読みたかったが読み終えたくなかった。フィッツジェラルドの艶やかさと退廃、サリンジャーの狂気と不合理すらいくつかの作品から感じる。時代背景のせいだけではないはずだ。今年のベストテン入り決定。https://chirakattahondana.com/短編画廊-絵から生まれた17の物語/

2019/08/07

感想・レビューをもっと見る