読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

短編回廊 アートから生まれた17の物語

短編回廊 アートから生まれた17の物語

短編回廊 アートから生まれた17の物語

作家
ジル・D ブロック他
田口俊樹・他
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
発売日
2021-05-26
ISBN
9784596552150
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

短編回廊 アートから生まれた17の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

7月の第一作は、名だたる外国人作家17人による文豪ギャラリー短編集です。17人の内、既読は3人のみでした。 オススメは、「美しい日々」ジョイス・キャロル・オーツ& 「真実は井戸よりいでて人類を恥じ入らせる」トマス・プラック&「ビッグタウン」サラ・ワインマンです。 https://www.harpercollins.co.jp/hc/books/detail/13817

2021/07/01

KAZOO

前作が一人の絵画作家の作品を中心としたものでしたが、今回はそれぞれ異なった作品を中心に話が進んでいくものが多い気がしました。それなりの高名な作家のアンソロジーなのですがページ数が限られているせいかものたりなさが残りました。前作の方が印象に残った感じでした。

2021/10/19

藤月はな(灯れ松明の火)

前回はエドワード・ホッパー作品中心でしたが、今回は壁画、彫刻なども含めた作品を基に作家が物語を紡ぐ。傾向としては芸術家の半生にクローズアップした作品、多し。「安全のためのルール」は陪審員裁判での公平性をどう維持するかが描かれる。一方で自分の心を一生、縛るきっかけになった事件と似た裁判に挑もうとする女性の心の揺れが痛々しい。「扇を持つ娘」はゴーギャンに扇をあげた大家の娘(ヴァネッサ)、ゲシュタポから芸術を守ろうとするユベール、そして扇を持つモデルの女性の物語が交差する構成だ。収まる所に収まったラストに安堵。

2021/10/19

ずっきーーーん

『短編画廊』に続く絵画に触発されたアンソロジー第二弾。ローレンス・ブロックはなんと書けなかったらしく既出の『ダヴィデを探して』 今回は絵や画家そのものを題材にしたものが多かったように思う。個人的には北斎からの『ビッグウェーブ』がダントツに好み。『アンプルダン』の不穏な叙情と余韻。両作品とも幕引きに、ああ、と声を漏らす。『オレンジは苦悩,ブルーは狂気』も三十年も前の既出作品ながら素晴らしい。全体的なトーンは前作の方が好きだけれど、どれもこれもズシッと腹にくる読みごたえ。日に一、二篇ずつしか読めなかったほど。

2021/09/09

Panzer Leader

前作はホッパーの絵画からインスパイヤされた短編小説集だったが、今回は絵画に限らず芸術作品を元にほぼ変わらぬ作家メンバーが書き下ろしたアンソロジー。(二作のみ既出)範囲が広まった分、作品もバラエティーに富んでいる。その中でもデイヴィッド・マレル「オレンジは苦悩、ブルーは狂気」は出色の出来。思わずゴッホの絵画を拡大して見てしまった。

2021/12/31

感想・レビューをもっと見る