読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ダイヤモンドの海 (MIRA文庫)

ダイヤモンドの海 (MIRA文庫)

ダイヤモンドの海 (MIRA文庫)

作家
リンダ・ハワード
落合どみ
出版社
ハーレクイン
発売日
0000-00-00
ISBN
9784596910615
amazonで購入する

ダイヤモンドの海 (MIRA文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みやこ

星空の美しい夜に、海で瀕死の男・ケルに出会ったレイチェル。彼を匿ったレイチェルの思慮深くて理知的な行動は、彼女自身の経験からくるものだった。彼女の抱える過去がとても哀しい。でも、その過去を乗り越えて恋をすることができるのは素敵なこと。レイチェルの献身的な看護を受けながら次第に彼女に惹かれていくケル。だが、ケルもまた自らの心を傷つける過去を持っていた。その過去の経験から彼女を傷つけたくない一心で溢れる想いを封じようとするけれども。レイチェルだからこそケルと共に歩んでいける。それに気付けて良かったね、ケル。→

2015/07/03

Miyuki_fsog

シリーズ2作目…前作はなかなか夢中になれなかったけど 今作はいきなりのハラハラ&ドキドキ💓 ヒーロー・ケルを救出するヒロイン・レイチェル&愛犬・ジョー🐕️…の場面は 思わず力が入ってしまった‼️ ヒーロー・ケルは諜報員…まぁ、そんな設定のヒーローが好きなんだけど、ヒロインとの関係が進展するとたんに尻込みΣ(・∀・|||) …のパターンは お約束😫 に比べてヒロインの逞しさに\(^o^)/ だんだん、シリーズが楽しくなってきたので 続けて行きます📖

2020/01/15

すっちゃん

⭐️⭐️⭐️ ヒロインがあれだけ体を張ったのに、ヒロインを守る為に去って行くヒーロー。そりゃ無いやろ。エピがあるから、まあ良いかって感じ。

2017/10/11

bibi

これ、続編だったんですねぇ~「炎のコスタリカ」読んでみなくちゃ~♪物語は政府組織の凄腕諜報員が組織内の裏切り者から命を狙われ重傷を負い、それを若き未亡人が助け・・ムフフな関係になり、最後は裏切り者たちと戦い悪事は暴かれ問題解決!彼女を危険な目に合わせられない!と好きなくせに別れてみたけど、やっぱ無理~で最後は子沢山の幸せ夫婦になりめでたし!めでたし!なお話です。 ベタちゃ~ベタだけど、テンポ良いし番犬ジョーも良いスパイスでサクサク読めちゃいました。海辺の家に住んでみたくなっちゃう・・。

2013/11/10

眞墨

おっかないことするなあーと思ったヒロインでした。過去がそうさせたのですが、行動が無茶だなあ、と。ラスト直前とラストにあの彼女がやってくれました。なんで旅行鞄から…(笑) ジョーが元気になって良かったよー。

2012/07/16

感想・レビューをもっと見る