読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

野生に生まれた天使 (MIRA文庫)

野生に生まれた天使 (MIRA文庫)

野生に生まれた天使 (MIRA文庫)

作家
アイリス・ジョハンセン
矢沢 聖子
出版社
ハーパーコリンズ・ジャパン
発売日
2019-05-14
ISBN
9784596917904
amazonで購入する Kindle版を購入する

野生に生まれた天使 (MIRA文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アカツキ

ヒロインは動物と会話できる能力者。ヒーローはコンピュータ会社社長で、元軍人・元CIAという欲張り設定。親友を殺したマフィアから逃げ出して各地を転々としているヒロイン。同じマフィアに恩師を囚われているヒーローは、人質交渉に使うためにヒロインを殴って気絶させ誘拐するが…。カラッとした文章のおかげで陰惨な感じにならないで済んでいるけれど、話のテンポが遅いし、ロマンスも薄くて…。正直、あまり魅力を感じなかった。ヒロインはイヴ・ダンカンと友人。シリーズ未読でも問題なし。

2019/05/19

みるて

図書館の本 読了 イヴ・ダンカン関連作

2019/09/09

mum0031

動物園のボランティアのマーガレットと、コンピュータ会社社長のラシター。 動物と話せる能力を持つマーガレットは、その能力が災いして逃亡生活を送っている。 ラシターは、マフィアに監禁されている恩人と、マーガレットとの人質交換の為、1年もマーガレットを追っていた。 人質交換の為だけに、マーガレットを利用しようとするラシターには共感出来ない。 どんな理由があっても、出だしが誘拐だから説得力は‥!

2019/06/14

おしょも

この作者が描く女性は強くてたくましく、自立してるんだけど、どうも好きになれない。ストーリーは面白いから読んじゃうんだけどね。

2019/06/29

みみ45

動物と話ができるヒロインと、あのラシターがヒーロー!! 面白かったけど、少し物足りなかったかな。。

2019/07/06

感想・レビューをもっと見る