読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ホテル・インフェルノ (mirabooks)

ホテル・インフェルノ (mirabooks)

ホテル・インフェルノ (mirabooks)

作家
リンダ・ハワード
氏家真智子
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2019-11-08
ISBN
9784596918079
amazonで購入する Kindle版を購入する

ホテル・インフェルノ (mirabooks) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たまきら

ジュニア小説みたいだな、と思いつつも表紙がイラストなのも日本ぽくって結構いいなあ、と思ったり。2008年に出版されたものの再版なので、クリフハンガーだけどすぐ出版されるのかしら。早く出ないかな。昔の読んじゃおうかなあ。

2020/08/11

ショコラテ

苦手な恋愛ものも、サイキックを間に挟むと平気な不思議。タイトルと装丁に惹かれて読んだが、恋愛ものって相手に恋するヒロインまたはヒーローに共感できるか否か、が肝だと思う。そういう意味では、つらい幼少時代を過ごし、自立した大人の女のはずのローナが、ダンテに恋した理由が不明瞭。と言うか恋に落ちるのが早すぎて読者置いてけぼり。「ぼくの子供を産んでくれ」が男が女を口説く決まり文句、という世界観が気持ち悪い。なおかつ完結していないのがダメ。次巻が翻訳されるかどうかわからない海外作品で、謎残しまくりで続く…はちょっとね

2020/02/15

Rin

レイントリーシリーズ① 藤田和子先生のコミカライズが好きで全話持ってるのですが、②の表紙イラストが好みで原作を読みたくなりました(笑) 炎の力を持つレイントリー一族の王ダンテが経営するカジノで儲けまくる謎の女性ローナと出会い…。レイントリーとアンサラの因縁から事件が起こり、シリーズだけあって②へ続きます。どこか薄い印象で(リンダハワード大好きだけど💦)コミカライズがすっきりまとまってる分、あえて読まなくてもよかったかな、とか💦 ローナの勝ち気なキャラと、ダンテとの言い合いが楽しいです☺️

2021/01/06

カイ

続くのか…。サイキックに展開の早い恋愛。これって、ハーレクイン?

2020/03/29

感想・レビューをもっと見る