読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神域 下

神域 下

神域 下

作家
真山仁
出版社
毎日新聞出版
発売日
2020-02-29
ISBN
9784620108483
amazonで購入する Kindle版を購入する

神域 下 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

上下巻、550頁、完読しました。認知症の深刻さを考えると十分ありそうなストーリーでした。マッド・サイエンテストの暴走が医療を進歩させることは事実(日本の731部隊等)だと思いますが、コロナウィルスのワクチンも簡単に作れない現状を考えるとまだ先の未来の気がします。それよりも尊厳(安楽)死の早期法整備を希望します。 https://books.bunshun.jp/articles/-/5338

2020/05/24

Yunemo

下巻になったら、警察小説かと思わせるような、あまりに現実的になりすぎて。上巻から期待した展開とはちょっと違ってて。でもこの分野、ここまでが限界なのかも。副題のSANCTUARY、脳科学として、この域には入り込めないのかも。でも上巻から積み上げた意図がこの終わり方じゃ、欲求不満だけが残されて。唐突に、特定秘密保護法が適用されて、結局はうやむや感。今まであまり気にも留めてなかったけど、いろんな分野で突然に、その時代のトップの考え方によって適用されてしまうのか、という漠然とした不安感がしこりとなって残ります。

2020/04/26

達ちゃん

最後までスピード感ある展開に一気読み。モヤモヤの残るラストですが、かえってリアル感が増しています。真山さんの新ジャンル開拓作、すごく良かったです。

2020/09/20

かつて「二番目ではダメなんですか」発言で顰蹙をかった政治家がいたが、二番目に甘んじて国益を損なったらそれは国賊と言われても仕方ない。が、一番目になる為に「治験」を飛び越えて「人体実験」をしてしまったらアウトだ。でも、我が身になぞらえて認知症が消滅する、ただし脳溢血命を落とすのが明日か1ヶ月後かわからないと提示されて尚了承するかと言われたら、答えは出せないだろう。「創薬」を巡る政治家達の不毛な駆け引きと、研究者、そして事件を解明しようとする刑事達の駆け引きは、国家機密という鉄のカーテンに閉ざされる。

2020/05/24

なっく

このスピード感が真山仁の最大の魅力、ページをめくる手が止まらない。しかも満更フィクションとは思えないような設定で、実際に起こっても不思議のない内容だっただけに読後の余韻を楽しめる作品だった。医療の技術が進めば進むほど、肉体の老衰は抑えられるだろうから、アルツハイマーが増えることは間違いない。再生医療の治験とか、患者の尊厳とか、警察の捜査権限だとかには色々意見があるだろうけれど、日本政府の縦割りで古臭いやり方が色んなことの障害となっていることだけは間違いないな。

2020/11/27

感想・レビューをもっと見る